汗とニキビの関係 デトックス効果はあるの?

2016年12月15日

汗はニキビにとって良い面と悪い面があります。
そもそも私たちが考える汗にはいくつかの種類があり
出てくる場所や性質が異なります。
よく汗をかくとデトックス効果があり健康に良いと言いますが
これもかく汗によって効果が違ってきます。

汗腺から分泌される汗

汗が分泌される汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

エクリン腺

まず一番先に汗として思いつくのは運動など体を動かした時に出てくる
しょっぱくてそれほど臭いのない水分の汗でではないでしょうか。
この汗は体の至るところにあるエクリン腺から分泌され
体温の調節などをする役目を持っています。
エクリン腺は毛穴とは独立していてエクリン腺から分泌される汗は
水に塩分や尿素が混ざっていて老廃物などは含まれていません。
つまりこのタイプの汗をかいてもほとんどデトックス効果は無いと考えられます。

エクリン腺から分泌される汗のニキビに対する影響としては、
まず汗をかくことで体の水分が失われて乾燥しやすくなります。
肌の乾燥は皮脂の分泌を増やしニキビの原因となることがあります。
そしてこの汗を放置することで
毛穴に汚れが溜まりやすくなり雑菌などが繁殖しやすくなってきます。
ニキビを発生させるような菌は
湿気のある不潔な環境を好み増殖していきます。

いい面としては汗をかくことで気分的にスッキリしたり、
汗をかくための運動などが身体や健康にいいことです。
ストレス解消にもなりますし、
すぐに体を洗ったり拭き取ることで
清潔にしていれば悪いことばかりでもありません。

アポクリン腺

エクリン腺が体中にあるのに対してアポクリン腺は
脇の下や陰部などにあり開口部が毛穴の中にあります。
エクリン腺から出てくる汗はさらりとしてほぼ無臭でしたが
アポクリン腺から出てくる汗はベタつきがあり
臭うことと分泌量が少ないのが特徴です。
この臭いは異性を惹きつけるフェロモン臭であったり
細菌が汗を分解した時に出る臭いなどがあります。

アポクリン腺には老廃物も含まれていますので
ある程度のデトックス効果はあるとされます。
毛穴の中で皮脂などと混ざり合い毛穴が塞がっていると
ニキビの原因になることもあると考えられます。

皮脂汗

汗には汗腺から出てくるものとは別に
毛穴から皮脂と一緒に分泌されるものも存在します。
この皮脂を含んだ汗を皮脂汗といい
様々な有害物質や老廃物が含まれてると言われます。

この皮脂汗を出すことがデトックスに最も効果的で、
溜め込んでしまうとニキビや肌荒れの原因になることがあります。
また皮脂汗にはヒドロキシラジカルという
肌を老化させる活性酸素が含まれているため
放置しておくとどんどん肌の酸化が進んでいくことになります。

皮脂汗を出すには

皮脂汗を出すには運動や炭酸ガスの入浴が効果的です。
炭酸ガス入浴は血管を広げて血流を改善する効果や
運動の汗と同じような汗がかけること、
皮脂や角質といった肌表面の汚れや毛穴の掃除にも効果的です。
炭酸ガスの入浴は販売されている炭酸入浴剤を使ったり、
クエン酸と重曹で自分で作ることができます。

まとめ

汗には汗腺から分泌されるものと
毛穴から皮脂と一緒に出てくる皮脂汗があります。
汗にはニキビへの様々な影響がありますが、
特に皮脂汗の分泌が少ないと老廃物や有害物がたまり
ニキビや肌荒れの原因となることがあるとされています。
皮脂汗を分泌するには運動や炭酸ガスの入浴が効果的とされています。