クエン酸のニキビや肌への効果と使い方

2016年12月22日

クエン酸は梅干しやレモンなどの柑橘類に含まれている酸味成分です。
また体にいいと言われる酢にもクエン酸が含まれています。
粉末で売られているクエン酸はサツマイモのデンプンなどを
発酵して作っているもので柑橘類などに含まれるクエン酸と同じものです。

汚れ落としに使われたり疲労回復や生活習慣病に
効果的ということで注目されることも多いクエン酸ですが
肌の効果もあり化粧品などにも含まれていることもあります。

クエン酸の効果と特徴

健康への効果

クエン酸は自然治癒力を向上し疲労回復や
健康の維持に様々な働きがあることがわかっています。
クエン酸は疲労のもとである乳酸の生成を抑制して
疲労回復や神経痛に効果があると言われています。
また中性脂肪やコレステロール値を下げ
動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中、肥満などの
予防にも効果があるとされています。

洗浄剤としての効果

クエン酸は汚れ落としにもよく使われます。
クエン酸の汚れを落とす原理はアルカリ性と酸性の
中和作用を利用したものです。
そのためアルカリ性の汚れ以外は落ちないということになります。
特に落ちやすいのは水垢やトイレの尿の汚れなどです。
また重曹と混ぜて二酸化炭素を発生させ汚れを落とす方法もあります。

クエン酸のニキビや肌の効果

皮膚細胞の活性化

エネルギー代謝における最も重要な経路である
クエン酸回路はクエン酸による合成から始まります。
クエン酸回路が正常に機能することによって
皮膚細胞を始め体内の細胞が活性化されます。
ニキビでダメージを受けた肌の回復や
ターンオーバーの正常化にも効果的です。

ミネラルの吸収を促進

クエン酸にはキレート作用があり体内の金属ミネラルの酸化を抑制します。
この作用により肌の健康維持に必要な栄養素である
カルシウム、マグネシウム、鉄分などのミネラルの吸収を助けます。
ミネラル不足は肌の代謝が悪くなりニキビや肌トラブルの原因になります。

自然治癒力の向上

血液が酸性に傾くと様々な体の不調が起こってきます。
クエン酸は身体を弱アルカリ性に保つ効果があり
自然治癒力や抵抗力が強くなってきます。

血行改善

クエン酸には中性脂肪やコレステロール値を下げ血流を良くする働きもあります。
血液がスムーズに流れるようになると体温が上がり代謝が良くなってきます。
これにより肌の再生がうまくいくようになりニキビの治りなどにいい影響を与えます。

化粧品に含まれるクエン酸の効果

クエン酸は化粧品などにもよく使われています。
クエン酸を肌に用いることの効果は、収斂作用や
角質の軟化作用、殺菌作用などがあります。

収斂作用

収斂作用によって肌の引き締め効果が得られ毛穴の開きも予防します。
毛穴が開くと皮脂や汚れが溜まりやすくなりニキビ発生のもとになります。

角質の軟化作用

クエン酸はピーリングなどで使われるAHA( フルーツ酸)の仲間です。
角質の軟化作用があり毛穴の詰まりを解消したり
汚れを除去してニキビの原因を取り除きます。
フルーツ酸によるピーリングは比較的マイルドなもので
肌への刺激も少なくなります。

殺菌効果

クエン酸には殺菌・除菌効果もありますので
ニキビの原因になるアクネ菌や雑菌に対する効果も得られます。

クエン酸の摂取方法

クエン酸の1日に効果的な摂取量は10gから15gとされていて
何回かに分けて摂るのが良いようです。
フルーツなどで取るのは大変なので
食用の粉末で売られているものを利用するのがいいでしょう。
酸っぱさがありますのでフルーツジュースや牛乳などに混ぜて飲んだり、
粉のまま酸味が合うような食べ物にふりかけるのもおすすめです。

食料や肌に使うクエン酸は食用と明記してある物や
薬用のものを使いましょう。
ドラッグストアや薬局などで売っています。
掃除用に使う場合は100円ショップなどで売ってる物でも構いません。

クエン酸のピーリング

前述したようにクエン酸には角質の軟化作用がありますので、
角質ケアやニキビケアにも使うことができます。
ピーリングによって古い角質を剥がすことで
肌のターンオーバーを正常にしたり、
毛穴を塞ぐ角質の除去や毛穴の汚れを除去して
ニキビの原因を取り除く効果が得られます。

クエン酸ピーリングのやり方

薬用や食用のクエン酸を水で10倍ほどに薄めて
肌に塗り5~10分ほど放置してお湯で洗い流します。

またクエン酸を重曹と混ぜることで炭酸水となり
毛穴の汚れを除去する効果が強くなります。
肌へのダメージも重曹を混ぜた方が中和作用で軽くなります。

刺激がありますので敏感肌の人や肌の弱い人は
薄めのものから試すようにしましょう。
またクエン酸によるピーリングは比較的マイルドですが
肌に負担はかかりますし角質を取りすぎても良くないので
週に1回程度にしておきましょう。
ピーリング後は肌が乾燥しやすくなりますので保湿は必須です。

ピーリングではなく洗面器にクエン酸と重曹を混ぜた炭酸水を入れて
顔を浸すのも血行促進や肌の代謝を促してくれてニキビケアになります。

クエン酸の入浴

体にできたニキビにはクエン酸と重曹で作った
炭酸水を風呂に入れるのも効果的です。
以前テレビで紹介されていた方法では、
背中ニキビに、塩1、クエン酸2、重曹3を合わせて
サジで2杯ぐらい入れるのが効果的とのことです。

クエン酸の副作用や注意点

クエン酸の摂取は人によっては胃や腸を刺激したり
肩などが凝りだす人もいるようです。
合わないようなら量を少なくするか無理に摂取するのは控えた方がいいでしょう。

クエン酸は塩素系洗剤と混ぜると
有毒の塩素ガスが出ますので注意してください。

まとめ

クエン酸は梅干しや柑橘類などに含まれている酸味成分です。
健康効果や肌に対する様々な作用があり食品添加物として
利用されたり化粧品などにもよく含まれています。
クエン酸はジュースなどに混ぜて摂取したり、
ピーリングや入浴剤として使うことでニキビケアにも効果が期待できます。