肌への負担の少ない家庭用LED美顔器のニキビへの効果とは?

2017年1月6日

家庭用のLED美顔器はエステサロンなどのフォトフェイシャルや
光エステを家庭で手軽にできるようにした美容機器です。
美容やアンチエイジングに効果的とされ人気を集めています。
LEDも光の一種ですので光美顔器に分類されることもあります。
また別の機能を持った複合美顔器にLED機能が搭載されているものも増えています。

家庭用LED美顔器とは?

美顔器のLEDは照明などに使われているLEDと同じものですが
美顔器用は波長が違います。
元々はNASAの研究でLEDを植物にあてたところ細胞が活性化したことから
人間の細胞にも応用した技術です。
現在では医療や農業など幅広く利用されている最先端技術の一つであり、
美容業界でも取り入れられ広く普及しています。
LEDは太陽のように肌に有害な紫外線を含まず、
有効な波長のみを使って発光させることができます。
そのため肌に優しくレーザーのように痛みも伴わずに
肌のトリートメントが可能になります。

LEDの肌やニキビへの効果

LED美顔器の一般的な効果

LED美顔器の肌への一般的な効果はしわやくすみの解消、
ハリや弾力のアップといったものです。
ニキビ跡や傷跡の修復も新陳代謝を良くしたり
肌の再生を促すことによって効果が得られることもありますが、
深いニキビ跡や傷跡にはフラクセルなどのレーザーの方が効果的です。
ただし肌の弱い人などには肌への負担の大きいレーザーよりも
LEDで刺激を少なく緩やかに治療を施した方が良い場合もあります。
またエステサロンなどで使われている業務用の美顔器に比べると
家庭用のものは出力が弱くなっていますので効果も弱くなります。
家庭用のものでも継続的に使用することによって、
肌の血行や代謝が良くなりターンオーバーが改善されたり
細胞が活性化されてきますのでニキビ跡の修復や
ニキビのできにくい肌環境にすることが期待できます。

色による効果の違い

LEDは波長によって色があり効果も微妙に違ってきます。
最もニキビに効果的なのは青色LEDとされます。

  • 青色: 殺菌作用、皮脂分泌抑制、毛穴の収縮作用など
  • 白色: 細胞活性、顔のたるみ、リフトアップなど
  • 赤色: 血行改善、新陳代謝促進、コラーゲン増殖、肌の弾力やハリなど
  • 黄色: メラニンの排出、ターンオーバーの正常化など
  • 緑色: 肌の透明感向上など

LED美顔器の注意点

一般に安全とされるLEDですが青色LEDには 「青色光網膜傷害」という
眼に対する危険性や睡眠に対する影響があることが指摘されています。
目の周りにLEDを照射する場合はゴーグルをつけたり
目を閉じるようにするなどの対処が必要になります。
ただ少し見ただけではそれほど問題なく、
長時間見続けることで目に悪影響を及ぼすようです。
また青色に限らずLEDの光は直接覗き込まないように
注意書きのある製品もあります。

LEDを使った美顔器

LED機能を搭載した家庭用の美顔器は様々なものが販売されています。
良く使われているものではハンディタイプのものと
卓上やスタンドに取り付けて使うものに分けられます。

ハンディタイプ

美ルル クラッシィ


11,980円 (税込)
LEDフォトフェイシャル機能(赤・緑・青)の他に
超音波、イオン導入、イオン導出、振動マッサージを搭載したマルチ複合美顔器です。

リジュー

リジュー
23,000(税別)
赤色LEDと温熱のダブル効果で肌全体の活性化を図りハリをあたえます。

卓上・スタンドタイプ

美ルル ヒカリ Hikari

美ルル ヒカリ Hikari
43,800円 (税込)
LED(赤・青・黄)ライト数420個の本格派LED光美顔器です。
好きな組み合わせで使用でき、最大7色のバリエーションが使えます。

エクスイディアル
エクスイディアル

95,000円(税別)
超高輝度・超高出力の4波長LED(赤・青・黄・赤外線)を
280個使用したエステサロンなみのハイスペック美顔器です。
1台で10モードの肌ケアトリートメントが可能です。

まとめ

家庭用のLED美顔器はエステサロンなどのフォトフェイシャルや
光エステを家庭で出来るようにした美容機器です。
最近では様々な機能を持った複合美顔器に
LED機能が搭載されているものも増えています。

LEDの肌への効果としては、
しわやくすみの解消、ハリや弾力のアップといったものです。
ニキビ跡や傷跡の修復といったことではフラクセルなどの
レーザー美顔器の方が優れていますが
LEDの方が刺激が少なく肌の弱い人でも使用できるというメリットがあります。
またLEDの場合は目的別に色を変えて
様々なバリエーションの作用を得ることが可能です。