NMF不足による肌の乾燥がニキビを誘発するワケ

2017年1月9日

NMF( 天然保湿因子)は肌の水分保持に欠かせない成分です。
ニキビをはじめとするさまざまな肌トラブルの原因の一つに
NMFの減少による肌の乾燥があります。
角質層の水分保持力は細胞間脂質とNMFが重要な役割を担っています。
NMFはアミノ酸や尿素などで構成されタンパク質から作り出されます。
NMFが水分と吸着して結合し細胞間脂質が水分を保持することによって
肌の潤いやハリ、弾力を保持しています。

NMFのニキビへの影響

NMFが減少することによって水分の保持力やガード力が低下してきます。
肌が乾燥してくると体の機能が潤いを保持しようとして
皮脂をどんどん分泌してきます。
皮脂が増えすぎると毛穴が詰まりやすくなったり
皮脂を栄養分とするアクネ菌が増殖しやすくなってきます。
また肌のガード力も低下しきますので紫外線の影響や
雑菌の侵入などを招きやすくなり
ニキビを誘発したり悪化させる一因となることもあります。
NMFの減少はニキビの治りやニキビ跡の解消にも影響してきます。

NMFが減少する原因とは?

NMFが減ってしまう原因には様々なものがあります。

加齢によるもの

NMFを始めセラミドなども加齢とともに生成量が減ってきます。
また加齢によってターンオーバーの周期もどんどん遅くなってきますので
肌細胞が再生しにくくなってくるためNMFの生成も減ってくることになります。

洗顔などの摩擦

角質細胞はよく言われるようにラップ1枚程度の薄さしかありません。
洗顔のしすぎや強く洗いすぎることで
皮脂などとともにNMFまで削り取ってしまうことがあります。

生活習慣や食生活の乱れによるもの

睡眠不足や栄養不足によっても肌の再生は健全に行われなくなってきます。
またターンオーバーが乱れることでもNMFは減少します。

NMFを増やすには

NMFはアミノ酸、乳酸、尿素、クエン酸塩などによって構成されています。
主な成分であるアミノ酸は偏食することによって不足してきますので
バランスの良い食事をすることが大切です。
また食事では大豆類や魚類などのタンパク質などが効果的です。
特に青魚には オメガ3のDHAやEPAが豊富に含まれていますので
細胞を活性化する効果も得られます。
忙しくて食生活が乱れがちな人はセリンやプロリンといった
アミノ酸のサプリメントなどを利用すると良いでしょう。
ただし食事やサプリメントではそう簡単にNMFは増えてくれませんので
継続して生活習慣を改善して事が大切です。

NMF配合の化粧品

体の内側からNMFを増やすようにすることと同時に
化粧品などを使って肌にダイレクトにNMFを補充することもできます。
NMFは水溶性ですので脂溶性のセラミドなどより化粧水に合いやすく
ニキビがある時などできるだけシンプルなスキンケアが望ましい時にも適しています。
NMF配合の化粧水はモイスチャーなどが名前についたものが多くなります。
またハトムギ(ヨクイニン)化粧水にはNMFの生成を促す効果があるとされています。

まとめ

NMF( 天然保湿因子)は肌の水分保持に欠かせない成分です。
NMFが不足することによって肌が乾燥しやすくなったり
ガード力が低下してニキビや肌トラブルを招きやすくなります。
NMFが減少する原因は様々なものがあり、増やすためには
日頃からバランスの良い食事をしたり睡眠をきちんととることなどが大切です。
また化粧水などを使ってNMFを肌にダイレクトに与えてあげることも
他の保湿成分よりは適しています。