レパルテクレンジングジェルはメイク落とし・毛穴・角質ケアを一度にできる優れモノ

2017年1月9日

レパルテのクレンジングジェルはミネラル豊富な天然クレイや
美容成分をふんだんに使った肌に優しいクレンジング剤です。
オイルフリーなので洗い上がりの皮膜感もなく
マツエクの接着剤を溶かすことなく使用できます 。

口コミなどても人気が高く刺激が少ない割によく落ち、
洗い上がりの使用感がいいことでリピートしている人が多い印象です。
ニキビや肌トラブルがある時、ケミカル成分などが気になる方でも
次のような成分を含んでいないため安心して使えます。
オイル、アルコール、パラベン、鉱物油、シリコン、紫外線吸収剤、
合成香料、合成着色料などすべて不使用です。

レパルテクレンジングジェルの特徴と効果

レパルテクレンジングジェルの特徴は、
メイク落とし、毛穴ケア、角質ケア、美容や保湿成分の補充などが
一度にできることです。
100g入りのチューブタイプと300g 入りのポンプタイプがあり、
300g入りで2~3ヶ月持ちますのでコスパ的にも優れています 。

沖縄産の天然クレイ 「クチャ」

クレイ(泥)洗顔は汚れに対する吸着力が強く
毛穴に詰まった汚れや皮脂を落としてくれます。
刺激が少なくミネラルが多いことから保湿力も高めてくれます。
クチャはマイナスの電気を帯びているので
プラスに帯電している毛穴の汚れなどを吸着してくれます。
クレイ洗顔は使用している泥によっては化学物質を含んでることもありますが
その点でも安心して利用できます。
ただし皮脂や汚れに対する吸着力が強くなりますので、
敏感肌やビニール肌の人などは必要な分の皮脂や角質まで
落としてしまうこともありますので気をつける必要があります。

良質なセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン

セラミドは皮膚の表面を覆う角質層の50%を占める成分です。
ヒアルロン酸は細胞と細胞をつなぎ合わせる働きをしています。
コラーゲンは真皮層の70%を占める成分です。
これらの成分が加齢や何らかの要因で不足してくると
肌の保湿力やガード力が低下してきます。
レパルテクレンジングジェルには最も人のセラミドに近い「ヒト型セラミド」、
驚異的な保水力を持つ「スーパーヒアルロン酸」などが浸透しやすい
サイズにナノ化されて含有されています。
これらの成分で保水力や肌の保護、弾力やハリにも効果が期待できます。

新美容成分ナールスゲン

ナールスゲンは京大が開発した注目の新美容成分です。
ナールスゲンは線維芽細胞であるコラーゲンやエラスチンなどの
生成を促進する作用があるとされています。
通常は肌表面からコラーゲンなどを塗布しても
真皮層まで到達することはありませんが、
ナールスゲンの作用により直接線維芽細胞に働きかけることが可能になります。
この効果により肌のターンオーバーがスムーズにいくようになり
ニキビ予防や改善にいい影響を与えてくれます。
またナールスゲンには細胞のダメージなどを修復する作用がある
ヒートショックプロテイン(HPS) の生成を促進して
自然治癒力を高める効果もあるとされます。

植物エキス

レパルテクレンジングジェルは美容オイルなどでよく使われる
植物エキスもふんだんに配合しています。
これらの植物は様々な薬効などがあることで知られ、
古来から民間の治療薬などとして使われていたものが多く、
代表的な効能としては抗炎症作用、抗菌作用、抗酸化作用、
傷の修復作用などがあることからニキビの予防などにも効果が期待できます。

レパルテクレンジングジェル含まれる主な植物エキス

トウキンセンカ、ラベンダー、セイヨウハッカ、ローズマリー、ホホバ、カミツレ、キハダ樹皮エキス、フユボダイジュ、ハイブリッドローズ、ヤグルマギク、ザクロ果実エキス、ローマカミツレ、クララ根、ヒマワリ種子、ルイボス

レパルテクレンジングジェルの使用の注意点

前述したようにレパルテクレンジングジェルは
吸着力の強い泥を使ったクレンジング剤ですので、
人によっては肌の保湿に必要な皮脂や角質まで
落とし過ぎてしまい乾燥しすぎることがあります。
使った後で保湿剤を余計に使わなければならないようなら
ニキビや肌にとって悪影響な場合もあります。
乾燥しすぎる場合は油分の多いところに使ったり
使用頻度を抑えるなどの対処が必要です。

まとめ

レパルテのクレンジングジェルは刺激の少ない
沖縄産のクレイ(泥)を使ったクレンジング剤です。
レパルテクレンジングジェルの優れた点は、メイク落とし、毛穴ケア、
角質ケア、美容や保湿成分の補充などが一度にできることです。
肌の保湿力や保護力を高める良質なセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、
注目の美容成分であるナールスゲンなどを含有しています。
また様々な薬効を持つ植物エキスもふんだんに含まれていますので
ニキビの予防や改善にもいい影響が期待できます。
ただし吸着力が強いため敏感肌の人やビニール肌の人は
肌に必要な皮脂や角質まで落としすぎてしまうことがありますので
使用頻度を控えるなどなど気をつける必要があります。