リスクを伴う毛穴吸引による角栓・毛穴のケア

2017年1月13日

毛穴吸引とは毛穴に詰まった汚れや角栓を
専用の吸引器を使って取り除くことを言います。
毛穴には汚れが溜まりやすくケアしないとニキビや黒ずみの原因になることもありますが、
慎重にやらないと毛穴が開きぱなしになったり肌にダメージを与えるリスクも伴います。
毛穴吸引は家庭用の機器を使って自分でする方法と
エステサロンなどでプロにやってもらう方法があります。

角栓ケア

角栓とは毛穴を塞いでしまう皮脂や角質のことです。
通常は古くなった角質から徐々に取れて行くものですが
うまく排出されずに残ってしまうと徐々に大きくなって毛穴を塞いでしまいます。
角栓があることによって毛穴の中でアクネ菌が増殖しやすくなりニキビが発生してきます。
無理に角栓を取っても一時的に綺麗になるだけでまた詰まってしまい
繰り返すことで毛穴が大きくなる悪循環に陥ることが多くあります。
ですのでできるだけ角栓は引き抜かずに
小さいうちにこまめにケアすることが大切です。
ケアの方法は正しい洗顔と適度なクレンジング、油分の少ない食事、
化粧の厚塗りを避けるなど基本的なことです。
酵素洗顔やピーリングなどの角質ケアは週1~2度程度なら
効果的ですがやりすぎは禁物です。

毛穴の開き

毛穴の開きや物理的な刺激や肌のたるみによるものがあります。
毛穴吸引器や毛穴パックを使うと物理的な刺激を肌に与えてしまい
毛穴が開きやすくなってきます。
肌のたるみは加齢や栄養不足による真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成不足や
ターンオーバーの乱れによる未熟な角質などが原因です。
コラーゲンやエラスチンを増やすには食品やサプリからのタンパク質摂取や
コラーゲン生成に欠かせないビタミンC が不足しないようにすることが大切です。
また毛穴の開きを縮小する効果があるとされるグリシルグリシン入りの化粧品や
リフトアップ効果のある美顔器を使うのも効果的です。

家庭での毛穴吸引

家庭用の毛穴吸引器も様々な種類が出ていますが、
効果は機種や人によって違いどちらかといえば厳しめの評価が多く、
慎重に行わないと肌を痛めてしまうケースもあるようです。
ただしうまく使えれば毛穴パックなどよりは毛穴を傷めずにすみます。
使い方としてはお風呂や蒸気、蒸しタオルなどで肌を温めて
毛穴が開きやすい状態で使うのが効果的です。
毛穴を痛めないように気をつけ、使った後は冷水などで毛穴を引き締めます。
毛穴吸引器としてはパナソニックのスポットクリアなどが有名です。

エステでの毛穴吸引

エステサロンもしっかりしたところで十分に経験を詰んでいる人に当たれば
毛穴の汚れだけをダメージを与えず綺麗に洗浄してもらうことも可能です。
使用する吸引機器も家庭用のものとは出力が違いますし
吸引後に毛穴の引き締めや保湿といったケアしてくれるので安心です。
ですがしばらくたつと毛穴の状態も元に戻ってきますので
定期的に通う必要があります。

まとめ

毛穴吸引は毛穴に詰まった汚れや角栓を
専用の機器を使って取り除くことです。
毛穴吸引は自宅で家庭用の毛穴吸引器を使って自分で行うか
エステなどで専門のプロにやってもらう方法があります。
毛穴の汚れは黒ずみやニキビの原因になりますのでケアは大切ですが、
慎重にやらないと毛穴が痛んだり大きくなる悪循環に陥ることも多くなります。
大切なのは角栓が大きくなる前に日頃からこまめにケアしておくことです。
角栓が大きくなってしまうとなかなか効果的な方法がなく
深刻な事態になることが多くなります。