美肌作用の高いマカダミアナッツオイルはニキビにもいいの?

2017年1月14日

マカダミアナッツオイルはヤマモガシ科の常緑樹である
マカダミアから抽出されるオイルです。
オーストラリアやハワイ、ケニアなどで生産が盛んです。
マカダミアナッツオイルは加齢とともに減っていく
パルミトレイン酸を豊富に含むことで知られ
生活習慣病の予防やアンチエイジング効果があるとして注目を集めています。

マカダミアナッツオイルの効果と特徴

浸透性と肌馴染みの良さ

マカダミアナッツオイルの特徴として浸透性の良さがあり
マッサージに使われることも多く、
化粧品と一緒に使うことで浸透性を高めてくれます。
またもともと人の肌を構成する脂肪酸である
オレイン酸やパルミトレイン酸を豊富に含んでいますので
肌に馴染みやすく皮膚から吸収されるので
余計なカロリーを摂取しないで済みます。

パルミトレイン酸の効果

マカダミアナッツオイルの注目される
理由の一つにパルミトレイン酸があります。
パルミトレイン酸には悪玉コレステロールを減少させる働きがあり
動脈硬化の予防や皮膚の老化を防ぐ
アンチエイジング効果があるとされています。
パルミトレイン酸はもともと人の肌にも含まれていますが
加齢とともに徐々に減少していきます。
パルミトレイン酸を経口摂取すると肥満のもとになることもありますが
マカダミアナッツオイルを使うことで肌から吸収させることができます。
またマカダミアナッツオイルは油脂の質がいいため
経口摂取しても太りにくいとされています。

保水力やガード力のアップ

マカダミアナッツオイルはオレイン酸も豊富に含みます。
オレイン酸も人の肌を構成する成分で保水力や肌のガード力を高めてくれます 。

豊富な栄養素

マカダミアナッツにはビタミンやミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれています。
糖質や脂質の代謝を促進するビタミンB1、
活性酸素を除去する抗酸化作用の高いビタミンEなどが
肌の健康維持をサポートします。

マカダミアナッツオイルのニキビへの影響

このようにアンチエイジングや美肌効果の高いマカダミアナッツオイルですが、
ニキビに対しては人によって効果が別れてきます。

マカダミアナッツオイルはオリーブオイルなどと同じようにオレイン酸という
皮脂のもとになる成分を豊富に含んでいるため、
元々皮脂の不足していない人が使うと
アクネ菌の養分を増やしてニキビができやすくなることがあります。

逆に皮脂の分泌が少なく乾燥しやすい人などがつけると
ちょうどいい保湿ケアになることもあるのです。
乾燥しがちな人にとってはパルミトレイン酸の血行促進効果なども
ニキビの改善や予防に良い影響を与えてくれます。

マカダミアナッツオイルの選び方

マカダミアナッツオイルは食用やスキンケア用の製品が販売されています。
食用をスキンケア用に使うこともできますが、精製方法が違いますので
できるだけ専用の製品を使うことをお勧めします。

マカダミアナッツオイルの注意点

マカダミアナッツオイルを使うとアレルギー反応が出る人がいます。
またクレンジングに使うと汚れも一緒に浸透させてしまう
可能性があるため向いていません。

まとめ

マカダミアナッツオイルはパルミトレイン酸を豊富に含むことで
生活習慣病の予防やアンチエイジング効果が高いオイルです。
食用の他、肌への浸透性に優れ美容効果が高く
化粧品やマッサージなどでもよく利用されます。
皮脂の成分であるオレイン酸も豊富に含んでいますので
人によってはニキビができやすくなることがあります。