メデルマは米国皮膚科医推奨NO1のニキビ跡を目立たなくするジェル

2017年1月14日

メデルマは傷跡やニキビ跡、火傷痕、妊娠線などに効果的なジェルです。
日本では販売されていませんが海外では標準的に使われている傷跡のケア製品です。
特にアメリカでは皮膚科医が最も推奨する製品とされ米国特許も取得しています。
日本では輸入扱いで海外から購入することが可能です。

メデルマの効果

メデルマは傷跡やニキビ跡を完全に消すことはできませんが
傷跡を滑らかにして目立たなくすることに優れています。
効果があるとされるのは怪我や火傷の跡、ニキビ跡、妊娠線などです。

メデルマの有効成分

メデルマの主成分は玉ねぎから抽出されるセパリンという成分です。
この成分によって傷跡の全体的な外観や色、質感が改善されます。
またカタツムリの粘液の中などに含まれるアラントインという成分も含んでいます。
アラントインは皮膚細胞に対する様々な効能があるとして美容クリームなどに使われることも多い成分です。アラントインには組織の修復作用や表皮細胞の増殖を促す作用があるとされています。



メデルマの傷跡修復メカニズムが良く分かる動画

メデルマの使い方

顔などに使う場合は最初は腕など目立たないところでパッチテストを行って
皮膚に異常がないか確認してから使うことをお勧めします。

1日1~3回傷跡に塗布します。
メデルマを傷口に薄く塗布して光沢やベタつき感がなくなるまでマッサージします。
個人差がありますが新しい傷で8週間、古い傷は3~6か月程度で改善してくるとされます。
一応公式では8週間で結果に満足ができない場合の返金保証がついています。

メデルマは他の化粧品も一緒に使えます。
綺麗な状態で皮膚に吸収されるのが最も効果的ですので
最初にメデルマを塗って乾いてから通常の化粧をするよう推奨されています。
また日焼け止めを含んだ製品も販売されています。
外用の治療薬などを使っている時はかかりつけの医師に相談してください。

メデルマは傷が開いてる時や完治してない時は使えません。
ニキビなども完全に治ってから使うようにします。

副作用など

メデルマを使って腫れや変色、重度のかゆみなどがある場合はメデルマの使用を中止してください。

メデルマの使用例

メデルマのレビュー動画

メデルマ(Mederma)

メデルマ(Mederma)
メデルマ20g

メデルマは、タマネギから抽出された植物成分、有効成分セパリンを主成分とするジェルで、
ニキビ跡、怪我・火傷の跡、ストレッチマーク(妊娠線)などに有効とされています。

  • 価格 <20g> $31.50
  • 価格 <50g> $45.60

成分

アラントイン 0.5%、水、PEG200、アルコール、キサンタンガム、タマネギ球根エキス、レシチン、メチルパラベン、ソルビン酸、パンテノール、ヒアルロン酸ナトリウム、香料

効能

ニキビ跡、怪我・火傷の跡、ストレッチマーク(妊娠線)など

メデルマSPF30

メデルマSPF30
メデルマSPF30_20g

メデルマSPF30は、日焼け止め成分を追加配合したタイプです。

  • 価格 <20g> $32.60

成分

アボベンゾン3%、オクトクリレン10%、オキシベンゾン6%、水、赤タマネギ球根エキス、C12 15アルキル安息香酸、炭酸ジカプリリル、水添レシチン、カプリル酸/カプリン酸トリグリセリド、パンテノール、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、シアバター、グリセリン、アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VPコポリマー、香料、スクワラン、メチルパラベン、キサンタンガム、EDTA二ナトリウム、セラミド3、ヒアルロン酸ナトリウム、ブチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、イソブチルパラベン

効能

ニキビ跡、怪我・火傷の跡、ストレッチマーク(妊娠線)など(SPF30、日焼け止め効果)

メデルマ キッズ (子供用)

メデルマ キッズ (子供用)
メデルマ子供用20g

メデルマ子供用はセパリンの他に有効成分アラントインを1%含有しています(通常のタイプは0.5%)。

  • 価格 <20g> $30.40

成分

水、PEG-4、タマネギ球根エキス、キサンタンガム、アラントイン、香料、メチルパラベン、ソルビン酸、D&Cバイオレット2号、FD&Cレッド4号

効能

怪我・火傷の跡など

まとめ

メデルマはアメリカの皮膚科医推奨ナンバーワンの傷跡のケア製品です。
玉ねぎから抽出されるセパリンが主成分で傷跡やニキビ跡、
やけど跡などの凹凸を目立たなくして皮膚を滑らかに目立たなくすることに優れています。
新しい傷跡で8週間程度、古いものでは3~6か月程度で良くなるとされています。