ニキビ肌の正しいスキンケアのやり方とは? 【 洗顔・化粧水・美容液 】

2016年9月24日

ニキビ肌にに良いスキンケアってどれが正しいんでしょう?

ニキビに悩まされ、あれこれと試行錯誤されてる方も多いかと思います。

ニキビ肌のスキンケアは年齢や肌質を考慮することが大切です。特に思春期の頃は皮脂がたくさんでてしまう傾向があるため、顔を洗いすぎるケースも少なくありません。大人になってくると水分を保持する角質層のケアも重要になってきます。思春期のころは油を抑えるニキビ対策が多いかと思いますが、大人ニキビの多くは脂性肌に見えても中が乾燥していることが多いため、油分を抑えながら保湿もするということがポイントになってきます。

化粧品の成分には保水に大切な角質層を壊してしまうようなものもあります。また、過度なピーリングも皮脂や角質を摂りすぎて保湿機能を低下させることがあります。角質の問題は肉眼で見えないだけに厄介です。悪化に気がつきにくく、治そうと思っても短期間で戻るわけでもなく修復の工程も見えないからです。

顔のTゾーンは脂っぽいのに、頬や口のまわりはカサカサという人は、部位ごとにスキンケアを変えることも大切になります。また、乾燥するといって油分を使いすぎると、ニキビに悪影響があるだけでなく、残りかすが酸化して過酸化脂質になって肌の老化を招きます。

化粧品選びも重要です。ニキビができにくい肌質であっても、洗顔料や化粧品の選びかたを間違えるとニキビができてしまうこともあるのです。

基本的なスキンケア

基本は、洗顔 → 化粧水→美容液・乳液・クリームなどの順番です。

クレンジング

メイクをする人は洗顔の前にクレンジングが入ります。特にTゾーンと目のまわりは重点的に落とすことが大切です。クレンジング料は角質を剥がしやすくするものを使用し続けると敏感肌になったり肌のターンオーバーの乱れにつながりますのでなるべくマイルドなものを選びましょう。石鹸だけで落とせるミネラルメイクアップ化粧品を使ったり、水で洗い流せるクレンジングクリームや拭き取るだけのミルククレンジングなどいろんな製品が出てきていますので試してみるのもいいでしょう。

洗顔

洗顔はゴシゴシと刺激を与えないように気をつけて洗顔料をよく泡立てて洗います。洗顔は1日2回程度までにして、クレンジングと一緒にできれば肌へのリスクも減らすことができます。ニキビのあたりは特に注意して洗わないと刺激によって悪化しやすくなります。また、汚れが残るのも悪化の原因になりますので時間をかけて洗い流しましょう。

洗顔料は界面活性剤などが含まれていると洗浄力が強すぎて角質層の保湿を担っているセラミドなどを溶かしてしまうことがあるので気を付けましょう。

ここから先は肌の状態やニキビの症状によって変更します。また、水洗顔のように朝は洗顔までで夜は化粧水と分けるような方法もあります。ニキビが悪化してる人ほど洗顔まででやめておいたほうがいいのと、付けるなら症状に応じてニキビ用の製品を使うようにします。ただし、ニキビが軽い症状なのに殺菌効果の高いものを使ったりすると肌を守っている常在菌まで減ってしまって肌環境が悪くなることもありますので注意が必要です。

ニキビの治療薬は基本的に化粧水の前につけることが多いようですが、その薬品によって違うかもしれないので市販薬なら購入時に薬剤師さんに聞くか病院なら医師に確認しておきましょう。

化粧水

ニキビがある時の化粧水はオイルフリーといって油分の入っていないものや少ないものを使用します。乾燥がひどく化粧水しか使わない時などの保湿には、元々人の表皮にあるセラミドやNMFといった脂質の成分を含んだものが安心です。

美容液・乳液・クリーム

ニキビがある時は基本的には使わないほうがよいです。ですが、紫外線対策や化粧水で保湿がうまくいかない時などは、化粧品と同じようになるべく油分が少なくシンプルな成分で少量を薄く延ばして塗ります。ニキビには直接つかないように気をつけましょう。

UVケア化粧品・日焼け止め

紫外線はニキビにとって大敵です。外出しないからと言ってもUVAなどはガラスもすり抜けてきますし反射もあります。UVAは表皮の奥にある真皮層まで達してコラーゲンなどを破壊します。UVケア化粧品を使うときは紫外線吸収剤の入っていないものが低刺激です。乾燥しやすいのでじゅうぶん保湿をしてからか保湿成分を含んだものを使用しましょう。また、夜にはしかりと落とすことが大切です。

まとめ

ニキビ肌のスキンケアは年齢や肌質を考慮することが大切です。思春期のころは油を抑えるニキビ対策が多いかと思いますが、大人ニキビの多くは脂性肌に見えても中が乾燥していることが多いため、油分を抑えながら保湿もするということがポイントになってきます。また、できる限り洗顔と化粧水程度で済ませシンプルなスキンケアをこころがけることも大切です。