ラベンダー油のニキビ肌への効果的な4つの使い方

2016年11月19日

ラベンダーとは?

ラベンダーは紫色の花がポピュラーなシソ科の植物です。
世界各地で古くから多くの品種が改良されたり交配されてきたため、
分類に関してはかなり混乱していて同じ種のラベンダーでも
生産地によって名前が違ったりすることもあります。

ラベンダーから取れる油は様々な薬理作用があるとして
古来から万能薬として用いられてきました。
おもな効能としては、殺菌や鎮痛作用を始め、
精神的な面では不安や不眠、うつなどに対して
精神を安定させる働きがあるとされています。

また、薬以外でもハーブティー、ジャムや風味などの食用、
化粧品や香料、観賞用など様々な用途で使われています。

ラベンダーのニキビへの効果

ラベンダーのニキビなど皮膚疾患への効果は
殺菌作用や抗炎症作用などが有名で
軽度な白ニキビから赤ニキビまで効果を発揮します。

同じような効果のあるティーツリーとよく併記されることがありますが、
ラベンダーの方が刺激が穏やかで敏感肌などに適してるとされます。
またラベンダーには細胞の成長を促進したり修復するような作用や
鎮痛効果もあるためニキビの改善にも効果的です。

ラベンダー油の使い方

そのまま直接ニキビに塗る方法

最もシンプルで効果的なのは、綿棒にラベンダー油をつけ
ニキビの患部に少量つける方法です。
多くの精油はそのまま肌につけられませんが、
ラベンダーとティーツリーだけは肌につけても大丈夫とされています。

他の精油とブレンドして使う

皮脂に近い成分であるホホバオイルや、
肌に対する様々な効果のあるカモミールなどと
ブレンドして使うのも効果的です。
カモミールは精油でもいいですがカモミールウォーターに
ラベンダー油を少量混ぜて使うのもおすすめです。

手作り化粧水

精製水や水道水にラベンダーとグリセリンを混ぜて
手軽に化粧水が作れます。
ビタミンC誘導体やヒアルロン酸などを加えると
細胞の再生を促す作用や保湿効果も得られて、
高価な化粧水に引けを取らない自作コスメの出来上がりです。

フェイシャルスチーム

ニキビの原因である毛穴の汚れを除去するのには
フェイシャルスチームが効果的です。
やり方は簡単で、
洗面器に入れた熱いお湯にラベンダー油を1~2滴垂らします。
10センチくらい顔を近づけて顔に蒸気を5~10分ほど当てます。
終わったら冷水で毛穴を引き締めます。
毛穴ケアだけでなく血流も良くなりニキビの予防に役立ちます。

まとめ

ラベンダー油はシソ科の植物からとれる油です。
殺菌効果や抗炎症作用、細胞の修復作用などがあるため
ニキビの改善や予防にも効果的です。
ラベンダー油は他の精油と違い直接肌につけることができ
刺激が穏やかなので敏感肌にも適しています。