ニキビに良いクレンジング メイクが欠かせない女性の洗浄術

2016年9月27日

クレンジングは日常のスキンケアの中でも最もニキビ肌に負担を与える行為です。
メイクの欠かせない女性にとって毎日欠かせないクレンジング。
人と合わなければならない人ほど、ニキビができると化粧が厚くなりがちです。

もし、クレンジングや洗顔をしないで寝てしまったらどうでしょう?
毛穴を塞いだ化粧の下ではニキビの原因菌がさらに増えやすくなってしまいます。
ですので、ニキビのあるなしに関わらず化粧は間違いなく落としましょう。

ニキビができてしまったらメイクをしないのが理想です。
でもそうは言ってられないのも事実。
では、ニキビ肌に負担の少ないクレンジングはどんなものがあるんでしょうか?

クレンジングの洗浄力は強力です。
ニキビができていない肌であれば、クレンジングは強力なほど化粧落としが楽になるからです。
塗り直しがいらないものや水に強いウォーターブルーフなどは特に洗顔だけでは到底落とせません。

クレンジング剤のメイク落としの基本的な方法は
油分で化粧を浮かせてから界面活性剤で乳化させて水で落とすというものです。

ニキビ肌でクレンジングを考えるときは
油分と界面活性剤の強さ、刺激を与えない落とし方がポイントになってきます。

洗浄力の弱さで選ぶ

一般的には洗浄力が強いほうがニキビにとっては悪影響になります。

クレンジング剤の強さは
オイル、リキッド > ジェル > クリーム > ミルク
含まれている成分にもよりますが、だいたいこんな感じになるかと思います。

リキッドは水ベースで油分が入っていませんが界面活性剤が多くなってきます。
界面活性剤にも種類があり洗浄力の強いものほどニキビに悪影響を与えます。
そのため、油が少なくても洗浄力の強い界面活性剤がたくさん含まれていると意味がなくなります。
つまり、ミルクや水ベースのものでも安心できないということです。

油分が少なすぎても化粧が浮きにくくなり肌をこするようになるのでニキビ肌にはマイナスです。
そうなってくると適度に油分を含むクリームタイプあたりを使うのが無難になってきます。

ニキビ肌にとってふき取るタイプのクレンジングはNGです。
拭き取りシートタイプもニキビ肌には良くありません。

良質な油分を含むもので選ぶ

油にも種類があり、石油を元にした鉱物油と 動植物が生成する油脂に大別されます。

石油などから作られた鉱物油は皮膚に吸着しやすく残ってしまいやすくなります。
植物や動物が生成している油脂は、肌に馴染みやすく
石油系よりも相性がいいと言えますが、酸化しやすいという面もあります。
酸化は肌の細胞を劣化させますのでニキビにも良くありません。

酸化しやすい油脂でも、中には抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEを含むものがあります。
代表的なのは、米ぬか油、アルガンオイル、アボカド油 などです。
オリーブオイルやツバキ油には抗酸化作用がありません。

これらのことから、もし油分を使わなければならないなら
米ぬか油、アルガンオイル、アボカド油など抗酸化作用のある
クレンジングオイルが肌に良質で低刺激ということになります。

クレンジング剤の選び方

結局のところ、人によって肌質やメイクの濃さが変わってきますので
自分の肌環境に合わせて試していくしかないです。
たとえ洗浄力と刺激が少ない製品を選んで使ってても
あまり洗い流しが多いと乾燥が進みますのでニキビには悪影響になることもあります。

簡単にまとめてみると

理想はメイクをしないこと
     ↓
油分と界面活性剤の少ないクレンジング剤を使う
     ↓
良質な油分を含んだクレンジング剤を使う

とこんな感じでしょうか。

あとはメイクの濃くなりがちなところだけ油分を使うとか
部分的に使い分けるのもいいかもしれません。