毛穴パックでニキビは治る?毛穴を塞ぐ角栓を毛穴パックで除去

2016年9月27日

毛穴を塞いでいる角栓を鼻パックで取れば
ニキビが治るんじゃないかと思われる方もいるかと思います。
毛穴パックを使うことでニキビにどんな影響があるのでしょうか?

毛穴のパックはとてもスッキリして爽快です。
ですが、毛穴パックは毛穴を開いて角栓を抜きますので、
開いた毛穴に汚れが入ってニキビは悪化しやすくなります。
また、肌に必要な角質や皮脂までゴッソリと取ってしまうことや
角質層に傷をつけるのもニキビにとっては良くないことです。

開いてしまった毛穴を閉じるのは簡単ではありません。
毛穴を塞ごうと急いで作られる角質は品質が悪く剥がれ落ちにくくなるので過角化を起こします。
過角化は角質が肥大した状態で毛穴詰まりの原因とされています。
つまり、一時的に毛穴の詰まりが解消されたように見えても、
さらに毛穴を詰まらせるという悪循環に陥ってるわけです。

よくターンオーバーを正常にするために不要な角質を取り除きますが
あれは、適切に行わないとさらにターンオーバーを乱す原因になります。

毛穴の汚れが気になるようでしたら角質を再生するターンオーバーを正常にするのが一番ですが
ターンオーバーは若い人でも一周期が約28日と健全に戻すまでに時間がかかります。
そして、経過が肉眼ではわかりにくいため続けるのが難しいものです。
自分で判断がつきにくいようでしたら、やはりプロに見てもらったほうがいいでしょう。
鼻は顔の中でも最も目立つ場所です。
一時的な安易な処置で将来も痕に残るようになってしまったら大変です。

リスクの少ない角栓ケア

毛穴パック以外で手軽にできる角栓のケアにはいくつかの方法があります。
これも試しながら自分に合うものを見つけることが大切です。

角質を柔らかくする

タオルなどで蒸すなどしてからクレンジングします。

洗顔料やクレンジング剤を見直してみる

洗顔料やクレンジング剤を変えてみるのも一つの手です。
刺激が少なく汚れの落ちるものが見つかるかもしれません。

眼鏡ふき洗顔を試す

繊維の細かいメガネ吹きで洗顔すると毛穴の汚れが取れやすくなります。
ただし、こするのは厳禁です。刺激を与えないように使ってください。
鼻以外の目立たないとこで試してからの方がいいかもしれません。

黒ずみの解消にはビタミンC

ビタミンCには黒ずみの元であるメラニンの生成を抑える効果があります。
食べ物でとってもいいですし、ビタミンC誘導体入りの化粧品や
イオン導入などで浸透させるのもいいでしょう。
ただ、この方法も継続してやらないと改善は見込めません。
タバコを吸う人はビタミンCを大量に消費していますので
肌が荒れやすくなりますので小まめな摂取が必要になります。

まとめ

毛穴パックは毛穴を開いて角栓とともに必要な角質や皮脂まで取ってしまいます。
毛穴を塞ぐために急いで作られた角質は品質が良くないもので積み重なって厚くなります。
こうして毛穴はさらに詰まりやすくなってくるのです。

角栓ケアは時間がかかるのと改善状況が目視しにくいのが難点です。
ですが地道に続けてターンオーバーが正常になり
角質層が健全になってくれば毛穴の悩みも自然に解消されてきます。

やってはいけないのは無理に毛穴に詰まった角栓を引き抜こうとすること。
どうしても治らなかったり気になるようでしたらプロに相談してください。
一時的に綺麗になってもずっとイチゴ鼻とか一生悩むことになりますよ。