ケミカルピーリングでニキビ治療 【 グリコール酸 | サリチル酸 】

2016年9月30日

ニキビ治療においてピーリング
皮膚を剥がして古い角質を除去する目的で行われます。

ピーリングによるニキビ治療の効果は

ニキビの原因になる角質除去によって毛穴の詰まりを解消
ニキビ肌を改善するための角質ケア(ターンオーバー促進)
ニキビ跡を消すため

などがあります。

ケミカルピーリングとは?

数多くあるピーリング治療の中でも最も普及しているのがケミカルピーリングです。
フルーツ酸やサリチル酸といった酸性の薬剤で古い角質を溶かします。
ピーリング治療に用いる酸によって効果も変わってきます。
ビタミンC誘導体などを浸透させるイオン導入とセットですることが多いようです。

自宅でも手軽に使えるケミカルピーリング機器が普及してきていますが
ピーリングは適切に行わないと深刻な肌トラブルの元になります。
角質除去のしすぎに気をつけることと、ピーリング後の保湿ケアと紫外線対策は
徹底することが重要です。

一時期、美容エステでケミカルピーリングが行われるようになった時も
皮膚トラブルが急増したため、厚生省から美容エステ業界に対して
ケミカルピーリングの実態把握と安全性の確保の要請があったということもあります。

ケミカルピーリングは、皮膚科、美容皮膚科、整形外科、美容外科などで受けられます。
美容エステでも受けられますが安全性を重視しているため
ピーリング剤の濃度を低くしていることもあります。

ケミカルピーリングの治療が受けられない人

日光過敏、敏感肌、皮膚の感染症
皮膚炎、日焼け直後、脱毛直後
結膜炎、妊婦等

ケミカルピーリングで使われる主なピーリング剤

フルーツ酸(AHA)

フルーツ酸には、サトウキビやタマネギなどから抽出されるグリコール酸、
ヨーグルトやサワーミルクから抽出される乳酸などのことです。

フルーツ酸の効果には

皮膚のターンオーバーの活性化
角質の剥離
皮膚の水分保持

などがあります。

グリコール酸

グリコール酸はサトウキビやなどから抽出されるフルーツ酸の一種です。
古い角質を溶かすとともに肌内部まで浸透しやすいので
コラーゲンやエラスチンの生成を促してターンオーバーの正常化に効果的です。
皮脂を除去し開いた毛穴を収縮させる効果もあります。
また、メラニンの生成も抑えてくれますので色素沈着解消の効果も期待できます。
副作用としては、乾燥、炎症、水ぶくれ、湿疹などが報告されています。
月に2回程度の治療が一般的です。

サリチル酸

サリチル酸には角質を柔らかくしたり溶かす作用があります。
グリコール酸のように表皮の奥まで浸透することはなく
効果は肌の表面にとどまります。
サリチル酸のピーリングは肌の浅いところまでしか除去しないため
表皮の奥にある真皮まで影響しているニキビ跡を消すのには向いていません。
従来のサリチル酸によるピーリング治療には炎症や痛みなどの副作用が多く見られました。

サリチル酸マクロゴールピーリング

簡単に言うとサリチル酸ピーリングの副作用を減らして
より安全に治療できるようにしたものです。
施術頻度も少なく角質除去に関してはグリコール酸よりも効果的とされています。
月に1回程度の治療で5~6回は受けることが必要です。
値段はグリコール酸よりも高くなりますが治療回数が少なくて済むため
トータルではそれほど変わらなくなります。

まとめ

ニキビ治療のピーリングで最も普及しているのがケミカルピーリングです
フルーツ酸やサリチル酸といった酸性の薬剤で古い角質を溶かします。
ピーリング治療に用いる酸によって効果も変わってきます。