レーザーピーリングでニキビ治療!スペクトラピールの効果とは?

2016年9月30日

ピーリングとは、肌表面に剥がれずに残ってしまった角質を
剥がしたり削ったりすることを言います。
剥がれずに残った古い角質は厚くなり毛穴を塞いでニキビの原因となるのです。
ピーリングについて詳しくは ⇒ ピーリング治療 ニキビ肌改善の効果とリスク

レーザーピーリングとは?

レーザーによるニキビ治療には、いろいろな種類があります。
レーザーピーリングは文字通り、レーザーを照射してピーリングを行う治療法です。
以前はレーザーと言えば、ニキビ跡の深いものや色素沈着したニキビを消すもので
ニキビ治療そのものには適さないイメージがありました。

ケミカルピーリングとの比較

ニキビ治療で使われるピーリングにはいくつかの種類がありますが
最もポピュラーなのは薬剤を使うケミカルピーリングでしょう。

ケミカルピーリングは表皮の浅い場所の角質を剥がすのに優れ
直接毛穴の汚れを除去するのにも適した治療法です。
レーザーに比べて導入しやすいという事情も普及している一因でしょう。

ケミカルピーリングに比べてレーザーピーリングの方が良い点は何かというと

  • 治療時間が短い
  • 薬剤を使わないため刺激やアレルギーが少ない
  • 皮膚の深い所へ届きやすく強さも調整できるので安定する
  • 治療後の赤みや痛みなどの問題がほとんどない
といった点が挙げられるかと思います。

ただし、これは過去の一般的な比較なので、
ケミカルピーリングでもサリチル酸マクロゴールピーリングなどは
かなり薬剤の欠点をなくして効果も上がってきてるようです。

QスイッチYAGレーザー

レーザーピーリングでは良く使われるのは
波長が1064nmと長いQスイッチYAGレーザーで
真皮の深い部分まで熱が届くことがメリットです。
QスイッチYAGレーザーを照射するレーザーは
いくつかの機種がありますが、よく使われてるのがスペクトラです。

スペクトラピール

スペクトラはマックスピールの後継機種になります。
スペクトラは2つの波長をもつのと
従来のレーザーであった照射強度のムラを無くしたのが特徴です。

ロングパルスによるスペクトラピールと
ショートパルスによるルートロピールの
切り替えができ、両方行うデュアルピールも可能です。

ロングパルスのスペクトラピールは、
表皮から真皮まで加熱します。
角質層のピーリングでニキビや毛穴に直接働きかけるのと
真皮層のコラーゲンやエラスチンの再生を促します。

ショートパルスによるルートロピールは
色素沈着などの原因になるメラニンを破壊します。
こちらも真皮まで熱しますので細胞の再生を促します。

このようにスペクトラピールはニキビ治療から美白効果
肌のハリまで幅広い効果が見込めます。
麻酔なしで治療後すぐに化粧ができダウンタイムがありません。

治療回数と価格

治療頻度は月1~2回で複数回受けないと効果が続きません。
回数は治療の目的やダメージの深さによって変わってきます。
ニキビのレーザー治療は保険の適用はありませんので自費になります。
治療代は照射する部分の広さにもよって変わりますが
だいたい1回1万円以上はしますので最低でも5~10万円くらいはかかるでしょう。

スペクトラ以外のQスイッチYAGレーザーを使ったレーザーピーリングは
ロングパルスのスペクトラピールと似た感じの内容になるでしょう。

このほかにもYAGレーザーよりも波長の短い
アレキサンドライトレーザーを使ってピーリングをする診療所もあります。

まとめ

レーザーピーリングはレーザーによるニキビ治療の一種で
レーザーによって皮膚を剥がす(ピーリング)ことをメインにした方法です。
ケミカルピーリングは刺激が強くて受けられない方や
真皮まで傷ついてしまったニキビ跡の改善に用いられてきましたが、
最近ではニキビ治療全般に効果が認められてきています。