日常的に自分でできるピーリング 【 角質の取りすぎ注意! 】

2016年10月1日

ニキビ治療のひとつにピーリングがあります。
ピーリングは、肌から剥がれずに残ってしまった
古くなった角質を取り除くために行います。

なぜ角質を取るのかというと、
角質が厚くなることによって毛穴を塞いだり
皮脂の過剰分泌を誘発してニキビの原因になることが多いためです。
また肌ケアとしてはターンオーバーを正常にするために行います。

ピーリングはよくない?

ニキビのあるなしにかかわらず
ピーリングは肌に良くないとか
やめたほうがいいという意見がよくあります。

その理由は、適切に余分な角質だけを除去できれば
ニキビ治療や角質ケアになりますが、
肌のバリアや保湿の役目をしている必要な角質まで
ごっそりと取ってしまうことが多いためです。

ピーリングは一時的に肌を滑らかにして綺麗になった気がします。
そのため、必要以上にやってしまうことも多くなるのです。

角質の取りすぎがもたらす害

角質の取りすぎは、バリア機能や保湿機能の低下だけでなく
肌の再生を早めてターンオーバー周期をを乱します。
バリア機能を失った身体は肌を防御しなければと
どんどん角質を作りだしてきます。

急いで作られた角質は品質が悪く剥がれにくいという性質を持ちます。
そのため、積み重なって厚くなりやすいのです。
いったん乱れてしまったターンオーバーを正常にして
健全な皮膚にするのは長期間を要します。

必要な角質と不要な角質を見分けるのは難しいことです。
できるだけ医療機関で慣れたプロにやってもらいましょう。

日常的に自分でできるピーリング

ピーリングの「 peel 」とは、訳すると
皮をむく、はぐ、むく
とあります。

ここでは、日常的に身の回りでできるピーリングを取り上げてみます。
普段よく考えずにしていてピーリングになってしまいそうな行為
肌にいいと思ってしているけれど、知らず知らずのうちに
必要な角質を落としかねないものなどです。

市販の商品は成分を弱くしていることが多いですが、
よく理解しないで毎日使い続けたりすると大変なことになります。
ニキビ肌の人はもちろん、肌の弱い人や乾燥しやすい人は気をつけましょう。

スクラブ洗顔

スクラブ洗顔とは、古い角質を落とすための微粒子が含まれた洗顔料で顔を洗うことです。
微粒子は製品によって、合成素材、天然素材の塩、米ぬか、海藻などさまざまです。
毛穴の汚れ落としやニキビ予防(ターンオーバー促進)にも効果があると言います。

泥洗顔(クレイ洗顔)

泥洗顔の泥は粒子が細かく、毛穴の中の皮脂や角質をごっそりと吸着して取り除いてくれます。
天然で品質のいいものほど角質が取れやすくなります。

アカスリ(垢すり)

アカスリは、温泉やスーパー銭湯などで指圧やマッサージと同じようなサービスです。
体の垢をこすり落としてくれるサービスで、血行や新陳代謝が良くなると言います。
また、垢すりアイテムもスポンジやブラシ、タオルなどいろいろ売られています。

温泉

よく温泉に入るとヌルヌルしますが、あれは皮膚が溶けているためです。
アルカリ性の温泉は角質を溶解する作用があり、
新陳代謝をよくして美肌効果があるとされています。

ピーリング化粧品・ピーリングパック

「 肌のざらつきを落としてすべすべツルツルに 」
「 ボロボロ角質を落としてくれます 」
こんな宣伝文句の製品が数多くあります。
足の角質ケアパックも流行っているみたいですね。

ピーリングマシン・ピーリング機器

ピーリング効果のある機器は、専門器から美顔器まで
どんどん新しい製品が出てきています。
ピーリングするための材料もケミカル、ウォーター、超音波と
レーザー以外は何でもありそうです。

ピーリングと付いていなくても毛穴ケアや美肌効果とあるものは
角質を落とす粒子などが含まれている可能性が高いです。

まとめ

日常的に自分でできるピーリングを見てきましたが
いずれもニキビが出来ているときは刺激になり悪影響になります。
適切に使えればニキビ後の肌質改善にはなるかもしれません。
肌がデリケートな人はやめておいたほうがいいです。

これらのピーリング製品は、角質が不要なものか必要なものか
見分けてくれるわけではありません。(アカスリのサービスは別です)
不要な角質だと選別して剥がしてくれるわけではないのです。
使う人が加減しなければ美肌どころか深刻な肌トラブルの元になりかねません。