大豆イソフラボンでニキビのホルモン治療

2016年10月5日

ニキビの根本的な原因のひとつにホルモンバランスの乱れがあります。

簡単に言うと体内の男性ホルモンや
男性ホルモンに似た働きをする女性の黄体ホルモンが増えることによって
皮脂の分泌が増えてニキビができやすくなるというものです。

女性ホルモンの働き

黄体ホルモンは2種類ある女性ホルモンのひとつで
もう一つの女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)は
まったく逆の作用をします。

黄体ホルモンが男性的な働きをするのに対し
卵胞ホルモンは「 美人ホルモン 」とも言われ女性らしい働きをします。
例えば、皮脂の分泌を抑えたり女性らしい身体を維持してくれる作用があるのです。

ニキビのホルモン治療では男性ホルモンを抑制するために
卵胞ホルモン(エストロゲン)に似た成分を注射やピルなどの内服で
意図的に増やしてホルモンバランスを整えることがあります。

このホルモン治療のような効果を薬剤などを使わずに
普段食卓に並んでるような食材とサプリメントで摂取して
得られることが可能なのです。

大豆イソフラボンでホルモンバランスを整える

大豆イソフラボンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)とよく似た構造を持っています。
イソフラボンはマメ科の植物に良く含まれる成分で
そのうち大豆由来のものは大豆イソフラボンと呼ばれます。

大豆イソフラボンを摂取してホルモンバランスを整えることは
皮脂の分泌を抑えてニキビの改善やニキビ予防にもつながるのです。

イソフラボンには「グリコシド型」と「アグリコン型」の2種類があります。
アグリコン型の方が吸収率が高いのですが味噌や醤油など醗酵した
大豆製品からしか摂取できません。

納豆や豆腐などの一般製品から摂取できるのはグリコシド型です。
グリコシド型では2割しか体内に吸収されないというデータがあります。
そこで、胚芽由来のアグリコン型イソフラボンをサプリメントで補う必要があります。

イソフラボン摂取によるその他の効能

イソフラボンの摂取にはホルモンバランスを整えるだけでなく
ニキビ対策に効果的な作用が他にもいくつかあります。

抗酸化作用

イソフラボンには抗酸化作用があります。
紫外線などによって増加する活性化酸素は
ニキビを刺激し悪化の原因となるとともに
他の細胞も攻撃して酸化して錆びさせます。
錆びとは鉄が錆びたりするのと同じで、肌の老化を招きます。
イソフラボンには、この酸化を防ぐ抗酸化作用が備わっているのです。

コラーゲン生成

イソフラボンにはコラーゲンなど真皮層の細胞生成を促す作用もあります。
ニキビ痕のへこみなどは真皮層までダメージを与え細胞を破壊したことによります。
真皮層の大部分を占めるコラーゲンやエラスチンは加齢とともに再生能力が衰えてきます。
イソフラボンが健康食品や美肌効果で人気があるのは、
このコラーゲンの生成を助け、肌のハリや潤いを取り戻す作用があるためです。

腸内環境の改善

イソフラボン直接の作用ではないですが、
大豆や豆乳で摂取することで腸内も整えてくれます。
便秘や腸内環境の悪化は体内に老廃物や
毒素を溜め込みニキビや肌荒れの原因になります。

イソフラボンの摂取に必要な大豆には食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維を摂ることでビフィズス菌などが増えて腸内環境がよくなります。
また、豆乳を摂取する事でも腸内環境を整え脂質代謝を改善します。

大豆イソフラボンの過剰摂取は注意が必要

イソフラボンは摂りすぎてもホルモンバランスが崩れて
身体に悪影響が出ることがあります。

1日の摂取量の上限は70~75mg程度と言われています。
日本人の平均的なイソフラボンの摂取量は1日あたり、
16~22mgと厚生労働省の調査で出ていますので
食品だけでは過剰になることはまずないでしょう。
サプリメントの摂りすぎには注意しましょう。

まとめ

ニキビ治療のひとつに女性ホルモンを増やしてホルモンバランスを整える方法があります。
大豆イソフラボンを食事で摂ることで、このホルモン治療と同じような効果を得ることが可能です。
さらに、イソフラボンには抗酸化作用やコラーゲン生成といった効果もあり
ニキビ治療にはうってつけの成分です。