白ニキビじゃなく稗粒腫?いつまでも治らない白いポツポツの正体とは?

2016年10月10日

いつまでも治らない白いポツポツがあったら白ニキビではなく
稗粒腫の可能性があります。
稗粒腫の場合はニキビの薬や予防策は効きません。

稗粒腫(はいりゅうしゅ)とは?

稗粒腫は目の下などににできる白いポツポツした出来物で
よく白ニキビやイボと間違えられます。
痒みや痛みもなくニキビのようにスキンケアで悪化するといった事もありません。

稗粒腫はそのまま放置しても問題ありません。
ただ、自然治癒するケースも少なく数も増えてくることが多いので
見た目の問題で治療を考える人も多いかと思います。

稗粒腫の原因

稗粒腫の原因は不明で、遺伝でできるものと
火傷などの外傷後にできるものがあるとされています。
成人になってからできることが多く、皮膚が弱い人にできやすい傾向があります。

稗粒腫は自然治癒することもありますが、
多くの場合は再発を繰り返します。

稗粒腫の治療方法

稗粒腫の治療は皮膚科、形成外科、眼科などで処置が可能です。
保険が使えないこともあるので電話で確認してから行った方がいいでしょう。
医師によっては稗粒腫を扱ったことがなく断られるケースもあるようです。

稗粒腫の治療は

  • 液体窒素やドライアイスなどで焼く
  • 針を刺して中の各市町取り除く
  • レーザーを使って薬品やピーリング治療をする

などの方法が用いられます。

治療はすぐに終わりますが数が多いと複数回通うこともあります。
治療後はカサブタなどができることもあり絆創膏や眼帯が必要になることもあります。

稗粒腫の治療は自分で針を使ってもできますが
失敗すると痕が残ってしまうこともあります。
また、傷口から雑菌が入り込んで悪化することもありますので
なるべく病院でやってもらいましょう。

稗粒腫の再発防止には漢方のヨクイニンが効くとされています。

まとめ

稗粒腫は目の下などににできる白いポツポツした出来物で
よく白ニキビやイボと間違えられます。
そのまま放置しても問題ありませんが、数が増えてくることが多く
自然治癒することもあまりありません。
稗粒腫は皮膚科などで短時間の治療で消えますが
多くの場合、再発を繰り返すようです。