しつこい黒ニキビを治す方法 開きっぱなしの毛穴対策

2016年10月11日

黒ニキビは赤ニキビや黄ニキビのような緊急を要する治療は要りませんが
いつまでたっても治らないどころか毛穴の開きが大きくなったりと
地味に厄介な存在になることがあります。

黒ニキビが治らない原因

黒ニキビが治らないのはいくつかの原因が考えられます。
最も考えられるのは手入れの方法が間違っていることでしょう。

黒ニキビができて毛穴が開いているということは
既に角質層はダメージを受けています。
毛穴を閉じたかったら角質を健全な状態に戻さなければなりません。
ダメージを受けて弱った角質層では毛穴は開きっぱなしのままです。
そんなところへ黒ニキビを治そうとしている行為が
さらに角質を痛めつけていることも多いのです。

洗顔

ゴシゴシと刺激を与える洗顔は皮脂を取りすぎてしまうため
かえって皮脂の分泌を促します。
皮脂が増えすぎるとそれだけ毛穴に溜まりやすくなります。

ピーリング成分

スクラブ洗顔やピーリング効果のある洗顔料やクレンジング剤も
適切に不要な角質だけ取ることができれば効果もありますが
必要な角質まで取りすぎてしまうことが問題です。

毛穴パック

毛穴の汚れを取る毛穴パックもスッキリしますが
これも肌に必要な角質や皮脂までゴッソリと取ってしまいます。
角質層に傷を付けたり開いた毛穴にまた汚れが溜まったりと
肌にとってはダメージの方が大きくなります。

粉瘤の可能性

黒ニキビに似ている皮膚病に粉瘤という良性の腫瘍があります。
自然に治ることが無く皮膚内に袋状の空間を作り老廃物を溜め込みます。
粉瘤の場合は徐々に肥大化していき放っておくと深刻な事態になることも
ありますので、おかしいなと思ったら早めに病院で診てもらいましょう。

黒ニキビの根本的な解決方法

黒ニキビが再発を繰り返したり長期にわたって治らない時は
根本的な問題を解決しましょう。

一般に皮膚科では緊急的な処置で終わってしまうことが多くなります。
例えばニキビだったら見た目で改善したら終了です。
そのまま毛穴の開きが残っていたら、また汚れが溜まっていき
再発することになります。

毛穴の開きを解消するには角質を健全な状態に戻す
「 角質培養 」といった方法が一番です。
できるだけ余計なケアはせずにターンオーバーの正常化に集中して
肌の再生を待つのです。

時間がかかることと経過が目視できないので根気がいりますが
いったん弱ってしまった肌はそう簡単には元に戻りません。
表皮は再生してきますが、その奥の真皮層はいったん傷ついたら
完全に元に戻ることはないのです。

自力では難しいようでしたら美容皮膚科や美容クリニックで
きちんと長期間診てもらえるところを探すのもいいかもしれません。
今ではホームページを作っているクリニックも多いので
ある程度は診察内容もわかるかと思います。

まとめ

黒ニキビはニキビの症状としては軽度ですが
いつまでたっても治らなかったり再発を繰り返すことがあります。
ダメージを受けた角質層は毛穴のまわりを支えるには弱くなっています。
よく効果的と言われる毛穴ケアは角質層をさらに痛めつけてることも多いのです。
なかなか治らない黒ニキビを解消するには、時間はかかりますが
根気よく角質をしっかりした状態に戻すことが完治につながります。