黄ニキビの原因と改善方法 困難な化膿ニキビの自力治療

2016年10月13日

黄ニキビとは?

黄ニキビはニキビの初期の白ニキビや黒ニキビが
炎症を起こして赤ニキビになり
さらに悪化して化膿してしまったものです。
黄ニキビは化膿ニキビとも呼ばれます。

黄ニキビは真皮層までダメージを与えるため
治癒にも時間がかかるようになり、ニキビ跡も
赤ニキビまでと比べて深く治りにくくなります。

治療を困難にしないためにも
赤ニキビのうちに手当てしておくのが重要ですが
できてしまたったものは仕方ないので
早めに医者にかかりましょう。

黄ニキビの原因

黄ニキビの溜まってしまった膿は
白血球の死骸や皮脂などの老廃物です。

白血球は皮膚の異常を感知すると
異物を排除しようとして集まってきます。
こうして膨張した血管が炎症となり、
さらに、ニキビの原因菌である増殖したアクネ菌と
戦って死んでいった白血球の残骸が膿となるのです。

黄ニキビの治療方法

黄ニキビを市販の薬だけで自力で治すのは厳しいものがあります。
悪化すると治りにくくなるばかりでなく、ダメージが深くなるとニキビ跡も
残りやすく消えなくなってしまいます。

膿を出せば治りが早くなることもありますが自分で潰すのも
雑菌の混入や刺激で悪化するリスクが高くなります。

とても忙しくて病院にいってられない時などは応急処置として
市販の薬で対処して早めに医者に診てもらいましょう。
市販の薬はドラッグストアなどで薬剤師に相談するのが一番ですが
一応候補を挙げておくと、ペアアクネクリームのような
一般のニキビ治療薬で殺菌と炎症効果のあるものや
オロナインH軟膏などの殺菌作用があるもの。
またはテラコートリル軟膏(ステロイド入り)のような炎症を抑えるもの。
ステロイド入りの抗生物質は効果は高いですが長期の使用は
できません。皮膚の副作用があるのとニキビの原因菌を増加
させるといったこともあります。

市販の薬は皮膚科で処方される薬と違って安全面の配慮から
効果が弱いものが大半です。
また、ニキビだと思ってたのが実は別の皮膚疾患で早い手当てが
必要なこともあります。
どちらにしても早く医者にかかったほうが治りも早くなりますので
素直に皮膚科で診てもらいましょう。

病院での治療は、ニキビ菌そのものに効果のある殺菌効果のある薬と
抗炎症作用のある薬などを処方されることが多くなります。
また患部の状態によっては切開して膿を出す治療も行われます。

黄ニキビのケア

刺激を避ける

これはどのニキビでも一緒ですが、
特にニキビが化膿しているような場合は刺激を与えないように
気を付けましょう。洗顔時にゴシゴシ洗ったり、タオルでふき取る時も
配慮することが大切です。

石鹸や洗顔料、クレンジング剤もスクラブやピーリング効果のあるものは
控えましょう。ピーリングは程度を誤るとかえって逆効果になりますので
自己判断でするのはリスクを伴います。

また、女性の場合は化粧がニキビの悪化の原因になりますので
できるだけ患部のまわりだけでも薄くするようにしましょう。
あとは、紫外線対策や保湿をしっかりすることです。

ビタミン類の摂取

ビタミンCには

  • アクネ菌の栄養になる皮脂の分泌抑制
  • 紫外線で増える活性酸素に対する抗酸化作用
  • 紫外線で増えるメラニンの抑制
  • 傷の再生に必要なコラーゲンの生成を促す

などニキビケアには大切な要素がほぼ揃っています。

ビタミンCは尿とともに排泄されてしまい
体内に必要以上に蓄えておくことができないので
毎食意識して摂取する必要があります。
また、化粧水などに含まれるビタミンC誘導体や
APPSといった成分も有効です。

また、ビタミンB群も肌の健康を維持するのに必要な栄養素です。
病院でも強めのビタミン剤を処方されることが
ありますので、それを内服していれば間違いありません。

まとめ

黄ニキビは炎症を起こしたニキビがさらに悪化して化膿したものです。
膿が黄色っぽく見えることから黄ニキビ、または化膿ニキビとも呼ばれます。
黄ニキビまで悪化してしまうと自力で治療するのは困難になります。
症状が長引くと治療も困難になりニキビ跡も残りやすくなりますので
早めに医者に診てもらいましょう。