血行不良がニキビの原因になる理由と改善策

2016年10月17日

血行不良がニキビの原因になる理由

血行不良がニキビの原因になりやすい理由はいくつかあります。

血行が悪くなると体温が低下してきます。
また、冷えが原因で血行が悪くなることもあります。
身体の代謝は温度が高いほど活発になり、逆に低温になると
細胞の代謝も低下するため肌が荒れやすくなってきます。
血行が悪くなることで体内の老廃物が排出されなくなり
肌に必要な酵素や栄養素が届かなくなってくるのです。
これにより肌のターンオーバーが遅れてきます。

肌のターンオーバーが遅れると肌の表面で刺激や雑菌から
皮膚を守っている角質が薄くなってきます。
また、角質層は保水の働きもしているので肌の乾燥も招きます。
乾燥することによって今度は身体の機能が潤いを保とうと
皮脂をどんどん分泌してきます。これでニキビの原因菌である
アクネ菌の増加しやすい環境の出来上がりです。

血行不良を起こす生活習慣

血行不良になる原因は前述した冷えの他にもたくさんあります。

運動不足

血行不良の大きな原因のひとつは運動不足です。
筋肉を動かさないことによって血液が循環しなくなることは
容易に想像できるかと思います。また、身体を動かさないで
いると血管自体も細くなってくるので、さらに血流が悪くなる
という悪循環に陥ってきます。

食事

偏った食生活も血行不良を引き起こす原因になることがあります。
肉類や乳製品を取りすぎると悪玉コレステロールが増加します。
血液中にコレステロールや中性脂肪が増えすぎると血行不良を
起こすのです。ニキビや肌荒れだけでなく動脈硬化の要因にも
なりますので食物繊維なども摂取してバランスの取れた食事に
することが大切です。

ストレス

ストレスは自律神経に影響します。自律神経は血液の循環を
調整しているため緊張が続くと血行不良を起こしやすくなってきます。

タバコ

ニコチンには毛細血管の収縮作用があるため血行不良なりやすく
新陳代謝の低下を招きます。

血行不良を改善するポイント

血行をよくするには前述した血行を悪くしている原因を
取り除けばいいことになります。

身体を動かすこと、バランスの取れた食生活、ストレスを溜めない、
タバコの吸いすぎなどです。
タバコは無理にやめるとそれがストレスになることもあるので
自分の中でバランスをとるのが難しいところです。

他にも血流改善にはマッサージ、ツボの刺激、足湯、半身浴
などが効果的です。
また、血流を良くする働きの栄養素であるビタミンC、ビタミンE、
ビタミンB群に含まれるパントテン酸などを食事やサプリメントで
摂取するのもニキビにも効果があるためおすすめです。

まとめ

血行不良はニキビを発生させる原因のひとつです。
血行不良は体内の代謝を低下させ肌のターンオーバーを
遅れさせます。これにより表皮のガード力と保水力が低下して
乾燥を招き皮脂の分泌を過剰にしてアクネ菌が増加しやすくなるのです。
血行不良を起こす原因には冷えや運動不足、偏った食事、
ストレスなどが挙げられます。