クレアラシルの製品ごとのニキビへの効果と選び方

2016年10月20日

クレアラシルはニキビ予防やニキビ治療製品のブランドです。
アメリカでニキビ治療薬として開発されだしたのが1950年、
日本で輸入販売開始したのが1960年ですのでかなり息の長い製品です。

クレアラシルの現行製品

ニキビの治療薬としては第2類医薬品の

  • クレアラシル ニキビ治療薬クリーム

ニキビケア用品は医薬部外品の

  • クレアラシル 薬用アクネジェル
  • オトナ肌対策クレアラシル薬用アクネジェル
  • クレアラシル 薬用洗顔フォーム
  • クレアラシル クリアー・アト・スクラブ
  • クレアラシル 薬用パウダーローション

ニキビケアの化粧品は

  • クレアラシル フルーツEX リキッドジェルウォッシュ

などが販売されています。

クレアラシルの分類

クレアラシルは処方箋なしで購入できる製品ですが
市販薬でも強さによって段階が定められています。
医薬品の中でも第1類~第3類医薬品まで分かれていて
第1類が最も効果が強くなります。
クレアラシルのニキビ治療薬クリームは第2類医薬品ですので
2番目に強い薬ということになります。

医薬部外品というのはニキビを治療するより予防を
目的としたものでクレアラシルの大部分の製品がここに含まれます。
ただし、法律上は治療に効果はないと言っても含まれている
成分の効能によってはニキビが治ってしまうケースもあるようです。
逆に治療薬でないからといって副作用の可能性も否定できないことになります。

クレアラシルの特徴

ニキビの治療薬に使われる成分にはいくつかのタイプがあり
殺菌効果のあるもの、
炎症を鎮めるもの、
角質を溶解するもの
などがあります。

この中で気をつけなければいけないのが角質を溶解する作用があるもので
敏感肌の人や乾燥肌の人には刺激が強すぎることがあります。
クレアラシルの製品はほぼ角質を溶解する作用のある成分が含まれています。
また、クレアラシルは脱脂力が強いこともあり肌が荒れる人もいるようです。
どちらかと言えば肌の表面の角質や皮脂が厚くなり、それが毛穴を塞いでニキビの
原因になっている人に向いている商品です。

クレアラシルを使って乾燥しすぎたり、肌がヒリヒリしたり剥けてきたり
赤みが強すぎるようなら使用をやめて治療薬を替えるか皮膚科で見てもらいましょう。
例えばクレアラシルのニキビ治療薬クリームを使って刺激が強いと感じたり
肌が剥けてきたりしたら、使用量を減らしたり頻度を少なくして対応するか
薬用アクネジェルに変更すれば刺激が弱くなります。
医薬部外品でも一応、殺菌、抗炎症、角質軟化の成分が
含まれていますので軽度のニキビなら改善することもあります。

クレアラシルのおもな製品と有効成分

主な有効成分と作用

  • イオウ … 角質溶解、殺菌作用
  • レゾルシン … 角質溶解、殺菌作用
  • グリチルリチン酸ニカリウム … 抗炎症作用
  • サリチル酸 … 角質溶解、殺菌作用
  • トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE) … 血行促進、患部の修復
  • イソプロピル メチルフェノール … 抗炎症作用
  • アラントイン … 肌荒れ改善、消炎鎮静、角質剥離
  • ビタミンB6 … 肌荒れ改善
  • ビタミンC誘導体 … 皮脂分泌抑制、抗酸化、メラニン抑制、毛穴の引き締め、コラーゲン生成促進
  • アロエ … 保湿

ニキビ治療薬クリーム 第2類医薬品

クレアラシル ニキビ治療薬クリーム 第2類医薬品
クレアラシル ニキビ治療薬クリーム 肌色 (公式)
クレアラシル ニキビ治療薬クリーム 肌色(amazon)

クレアラシル製品の中では唯一の第2類医薬品で
国内向け製品では最も治療効果が高くなります。
アクネ菌を殺菌、消炎作用でニキビのはれや赤みを抑え、
ニキビの頭部を開き皮脂を吸収します。
肌色と白色があります。

  • 価格 <18g> 価格設定なし 実売800~1000円程度
  • 価格 <28g> 価格設定なし 実売1100~1500円程度

有効成分

イオウ、レゾルシン、グリチルリチン酸ニカリウム、トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)

その他成分

亜硫酸水素Na、メチルパラベン、ミリスチン酸イソプロピル、ステアリルアルコ-ル、ベヘニルアルコール、ワセリン、流動パラフィン、セチル硫酸Na、ブチルパラベン、ポリソルベート80、ベントナイト、1,3-ブチレングリコ-ル、酸化チタン、三二酸化鉄、酸化鉄、タルク

薬用アクネジェル 医薬部外品

クレアラシル 薬用アクネジェル 医薬部外品
薬用アクネジェル (公式)
薬用アクネジェル(amazon)

ニキビ予防に3つの作用。
アクネ菌殺菌、赤み・はれ抑制、角質柔軟化作用。
オイルフリーのジェルタイプです。

  • 価格 <14g> 価格設定なし 実売600~900円程度

有効成分

イソプロピルメチルフェノール、アラントイン、レゾルシン、ビタミンB6、アロエ

その他成分

トコフェロール酢酸エステル、トラガント、EDT-4Na、メチルパラペン

オトナ肌対策薬用アクネジェル 医薬部外品

クレアラシル オトナ肌対策薬用アクネジェル 医薬部外品
オトナ肌対策薬用アクネジェル (公式)
オトナ肌対策薬用アクネジェル (amazon)

大人ニキビ対策に5つの効果作用。
イソプロピルメチルフェノールでアクネ菌をしっかり殺菌。
ニキビの炎症を抑え赤みもすっきりさせるアラントイン。
炎症を抑えながら角質を軟化するレゾルシン配合。
肌を乾燥させない保湿成分。
メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐビタミンC配合。
透明だから、目立たず、メイクの前後にも使えます。
オイルフリーのジェルタイプです。

  • 価格 <14g> 価格設定なし 実売700~900円程度

有効成分

イソプロピルメチルフェノール、アラントイン、レゾルシン、ビタミンC

その他成分

酢酸トコフェロール、トラガント、EDT-4Na、パラペン

薬用洗顔フォーム 10x 医薬部外品

クレアラシル 薬用洗顔フォーム 10x 医薬部外品
薬用洗顔フォーム 10x (公式)
薬用洗顔フォーム 10X(amazon)

殺菌成分サリチル酸がニキビのもととなるアクネ菌を
毛穴の奥までしっかり殺菌。
うるおい成分ビタミンC誘導体配合。
毛穴につまった汚れ・余分な皮脂・黒ずみをしっかり洗浄 。
微香性:さわやかなフレッシュフルーティの香り。

  • 価格 <120g> 価格設定なし 実売400円程度

有効成分

サリチル酸、ビタミンC誘導体

その他成分

精製水、濃グリセリン、ステアリン酸、ミリスチン酸、水酸化K、ラウリン酸、ラウリン酸アミドブロビルベタイン液、SEステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG、POE硬化ヒマシ油、増化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、安息香酸Na、エデト酸塩、ビタミンE、オウバクエキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、ビタミンCリン酸Mg、BG、香料

クリアー・アト・スクラブ 10x 医薬部外品

クレアラシル クリアー・アト・スクラブ 10x 医薬部外品
クリアー・アト・スクラブ 10x (公式)
クリアー・アト・スクラブ 10x(amazon)

まあるいスクラブdで皮脂や汚れをちゃんと落とす。
殺菌成分サリチル酸が、ニキビのもととなるアクネ菌を
毛穴の奥までしっかり殺菌。
保湿成分クワエキス配合。
さわやかなフレッシュフルーティの香り。

  • 価格 <110g> 価格設定なし 実売500円程度

有効成分

サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウム

その他成分

濃グリセリン、ミリスチン酸、パルミチン酸、水酸化K、ステアリン酸、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ポリエチレン末、ジグリセリン、親油型ステアリン酸グリセリル、クワエキス、混合植物抽出液(34)、香料、BG

薬用パウダーローション 10x 医薬部外品

クレアラシル 薬用パウダーローション 10x 医薬部外品
薬用パウダーローション 10x (公式)
薬用パウダーローション10X (amazon)

洗顔後に使用する薬用化粧水です。
殺菌成分であるサリチル酸を10倍配合し
ニキビの原因となるアクネ菌を毛穴の奥までしっかり殺菌。
ミネラルパウダー入りで余分な皮脂を吸収。
保湿成分としてアロエ、ハマメリス、ローズマリーの植物エキスを配合。
皮膚をすこやかに保ち潤いをキープ。

  • 価格 <120mL> 価格設定なし 実売600円程度

有効成分

サリチル酸

その他成分

エタノール、BG、ポリアクリル酸アルキル、クエン酸Na、ベントナイト、ベタイン、フェノキシエタノール、クエン酸、アロエエキス-2、メンチルグリセリルエーテル、ハマメリスエキス、ローズマリーエキス、精製水

薬用モイスチャーローション(マイルドタイプ) 医薬部外品

クレアラシル 薬用モイスチャーローション(マイルドタイプ) 医薬部外品
薬用モイスチャーローション(マイルドタイプ)(公式)
薬用 モイスチャーローション(マイルドタイプ) (amazon)

洗顔後に使用する薬用化粧水。
毛穴の奥までアクネ菌をしっかり殺菌するサリチル酸配合。
ニキビの赤み・炎症を抑えるグリチルリチル酸ジカリウムでニキビを予防。
お肌にうるおいを与えるヒアルロン酸配合。
保湿成分植物エキス配合。

  • 価格 <120mL> 価格設定なし 実売600円程度

有効成分

グリチルリチン酸ジカリウム、サリチル酸

その他成分

エタノール、ジグリセリン、BG、POEメチルグルコシド、フェノキシエタノール、クエン酸Na、POE硬化ヒマシ油、キサンタンガム、カルボキシビニルポリマー、アロエエキス-2、クエン酸、グリコール酸、ハマメリスエキス、ヒアルロン酸Na-2、ローズマリーエキス、精製水

アメリカ版クレアラシル


アメリカ版クレアラシル ウルトラシリーズ

洗顔料、スクラブ、ローション、ジェル、クリーム、パッド

有効成分

サリチル酸2%、ポリヒドロキシ酸(PHA)など

アメリカで市販されているニキビケア製品は
クレアラシルに限らず日本のものよりは有効成分の濃度が高かったり
日本では認可されていない成分が使われていることも多くなります。
海外のクレアラシルではクリーム類でもピーリング効果の高い
サリチル酸やポリヒドロキシ酸(PHA)などが使われていますが
日本の製品は刺激の少ないイオウなどが代用されています。
肌が丈夫で日本のクレアラシルで効果が足りない人などは
アマゾンや輸入ショップなどで入手できますので試してみることも可能です。
ただし、効果が強い反面、副作用も強くなりますので
最初は身体の目立たない部位などで異常がないか
パッチテストして使用することをお勧めします。
日本の処方薬と同じか、もっと強い作用がある製品もあります。

クレアラシル アメリカ(公式)

クレアラシル 輸入(amazon)
※リンク先の製品はAmazonが販売しているわけではなく海外の業者からの出品も多いので
何かあった時には英語でやりとりする必要もあります。

まとめ

クレアラシルは処方箋なしで購入できる市販のニキビケア製品です。
ニキビ治療に使うのは第2類医薬品のニキビ治療薬クリームで
その他のケア用品はほとんどが予防向けの製品になります。
クレアラシルのニキビ治療薬クリームは脱脂力が強く角質溶解(ピーリング)作用
もあるのでどちらかといえば皮脂の分泌の多いニキビに向いた商品です。
敏感肌や乾燥肌の人は慎重に使いましょう。
ピーリング作用のある製品はニキビが治った後は毎日使うのは控えて
週1~2回など頻度に気をつける必要もあります。