ニキビのケアに合成界面活性剤が嫌われる理由とは?

2016年10月25日

ニキビのケア用品を選ぶとき、合成界面活性剤入りの
製品はやめるように言われることが良くあります。
合成界面活性剤は何が問題なのでしょうか?

界面活性剤とは?

界面活性剤とは、水と油のように
本来なら交わらないものを混ぜ合わせることができるものです。
界面活性剤には汚れを落とす強い洗浄作用もあるため、 シャンプーや洗顔料に使われています。

合成界面活性剤とは?

界面活性剤には天然のものと人工的に作られたものがあります。
天然のものは自然界にもともとあったので代表的なのは「レシチン」などがあります。

人の手で作られた合成界面活性剤は石油だけでなく植物なども原料になっており、
石油系は安価で大量に作れることからシャンプーや洗顔料など使われています。

合成界面活性剤が嫌われるわけ

合成界面活性剤の洗浄剤として使ってるものは
水に分解されにくく肌に残りやすい性質があります。
このため、洗浄力の強い合成界面活性剤を使っていると
肌のバリア機能を破壊してしまうことがあるのです。
また、肌にいい成分を浸透させやすくするために
異物の侵入を防いでいる肌バリアを意図的に壊す物もあると言います。

界面活性剤は角質層をすり抜け体内に入り込むことができます。
体内では肝臓も分解できずタンパク質を変質させます。
この他にも体内では細胞に悪影響を及ぼしていることが指摘されています。

石鹸も界面活性剤の仲間ですが、
石鹸だけは水に分解されて肌に残らないという特質があり、
石鹸をすすめる人が多いのはこのためです。

安全な合成界面活性剤

合成界面活性剤は肌に残留する以外にも
一部の製品の刺激の強さや毒性なども問題でした。
最近では様々な合成界面活性剤が開発されており
安全な製品も増えてきています。
アミノ酸系界面活性剤などは刺激が少なく
敏感肌の人でも使いやすいように作られています。

まとめ

合成界面活性剤には洗浄やと乳化の作用があります。
石鹸以外の合成界面活性剤は肌に残りやすく
肌のバリアを破壊してしまうものがあります。
最近では安全な商品も開発されてきていますが
ニキビ肌には控えたほうがいいでしょう。