カモミールのニキビ改善に役立つ9つの効果とは?

2016年10月28日

古来から万能薬として用いられていたカモミール。
その効能は実にさまざまで、皮膚や胃腸、精神面までカバーすることから
ニキビにも効果を発揮すると考えられます。

カモミールとは?

カモミールはキク科の植物の一種です。
カモミールにはリラックス効果や眠りを誘う効果があり、
ハーブティーや入浴剤として使われています。
植物としてのカモミールは近くに生えている
植物を健康にする作用などがあります。

カモミールはヨーロッパで最も古い民間薬とされ、
4千年も前から薬草として使われていたと言います。
中世のヨーロッパでは胃や肝臓の不調、頭痛、
炎症などの症状に用いられていたようです。

カモミールにはいくつかの種類があり、一般的に薬草として
使われているのはジャーマンカモミールとローマンカモミールの2種類です。
それぞれ微妙に効果に違いがあります。
ジャーマンカモミールに含まれるアピゲニンやカマズレン(アズレン)は、
スキンケアに効果を発揮します。
ローマンカモミールは抗炎症作用が少なく鎮静作用に優れています。
ローマンカモミールは苦みがありハーブティーより精油として用いられています。

カモミールの効能とニキビへの作用

より多くの効能を求める場合は、ジャーマンカモミールの方が適しています。

抗炎症作用

赤ニキビの症状はニキビが炎症したことによるもの。
カモミールの炎症を和らげる作用によってニキビが治りやすくなってきます。

抗酸化作用

肌の細胞を痛めて老化を招く活性化酸素はニキビの大敵です。
カモミールには活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

抗糖化作用

たんぱく質を変性させ肌にダメージを与える糖化反応。
カモミールの持つ抗糖化作用でニキビへの影響を低減します。

メラニン色素の生成を抑制

カモミールの嬉しいところはなんといっても美白作用。
カモミラエキスは美白成分として化粧品にも使われています。
メラニンを合成するチロシナーゼを抑制することで
ニキビ跡の色素沈着やシミを防ぎます。

保湿作用

カモミールには乾燥を防ぎ潤いを守る作用があります。
経口摂取よりも精油などで得られる効果です。

身体を温める作用

カモミールの身体を温める作用は血行を改善させます。
血行不良は細胞の代謝が低下するため肌の環境を悪化させます。

胃の不調を改善

カモミールは昔から健胃作用のある薬として胃腸の調子を整えたり
下痢の薬として使われています。肌は内臓を映し出す鏡と言われるように
腸内環境の悪化は肌荒れやニキビを発症させやすくなります。

不眠解消

寝不足は肌のターンオーバーの乱れやホルモンバランスを崩しやすく
ニキビの大きな原因の一つです。カモミールの眠りを誘う効果で
睡眠不足を解消しましょう。

精神面を安定させる効果

カモミールは緊張を和らげたりリラックスする効果に優れています。
また、ストレスを軽減する作用もありますので、心労からの
大人ニキビの改善を内側からサポートしてくれます。

カモミールを使用してはいけない人

カモミールは子宮を刺激する作用があるので妊娠中は控えましょう。
キク科のアレルギーがある人も注意が必要です。

カモミールの利用方法

ハーブティー

カモミールの摂取方法として一般的なのがハーブティーです。
たくさんの製品が販売されています。できるだけ添加物が少なく
天然の原料を使っている製品を選びましょう。

サプリメント

カモミールはサプリメントでも販売されています。
製品によってはハーブティーで飲むより効果的なこともあります。

精油やアロマオイル

皮膚への効果が高いカモミールはフェイシャルマッサージや
アロママッサージなどで肌に直接浸透させるのも効果的です。
また香りとして芳香浴などで利用することで心身をリラックス
させ自然な眠りを誘います。

顔パック

カモミール茶を使った顔パックでニキビや吹き出物の症状を
和らげてくれます。ネットで検索するとやり方を解説してくれている
サイトがたくさんヒットします。

入浴剤

温浴効果を高めて血行を促進させるカモミールは
入浴剤にも最適です。荒れた肌やニキビにも効果的。

カモミラエキス配合の化粧品

カモミールの花から抽出されるエキスは美白成分として厚労省
に認可されているほどのものです。
抗酸化作用や抗炎症作用のある自然派化粧品なら
ニキビ肌にも安心して使えます。色素沈着を抑える効果が
あるのも見逃せません。
有効成分は、カモミラエキスやカモミールエキスのように表記されます。

まとめ

古来から薬草として知られるカモミールの使用は、皮膚や胃腸への働きは
もとより、ストレス軽減や不眠症改善などニキビの改善や予防にも効果が期待できます。
天然の植物ですので副作用もほとんどなく、肌に使っても安心です。