ニキビ肌にダメージを与える塩洗顔や塩パックは頻度に注意

2016年11月5日

ニキビへの塩の利用

海水浴へ行ったらニキビが治ったとか、
塩パックがニキビに効果があるといった話を聞いたことがありませんか?

塩には殺菌効果や角質の溶解作用、保湿効果など
ニキビに役立ちそうな効能がたくさんあります。
天然なので安心して使えそうな塩ですが扱いに気をつけないと
ニキビを悪化させ肌にダメージを与えてしまうこともあります。

また、ニキビがある肌への塩の利用は白ニキビや黒ニキビといった
軽い症状のもので炎症している赤ニキビなどには向いていません。
低コストで高い効果が得られる塩ですが ニキビ肌に使う時は慎重にしましょう。

塩の効果

抗菌作用

ニキビの原因である細菌が増加するには水や栄養が必要です。
塩が含まれている水は細菌が利用できないため
増殖を防いでくれるという効果があります。
また、塩の持つタンパク質を変性させる働きが細菌の細胞
も変えてしまうことにより抗菌作用がえられることになります。

ピーリング効果

塩に含まれる大量のミネラルにはタンパク質を溶解する働きがあり、
毛穴の汚れを取り除いたり余分な角質を溶かすような効果が得られます。

血行の改善

塩には血流をスムーズにする働きがあります。
血行が良くなると体温が上がり体の代謝が良くなり
肌に必要な酵素や栄養素が十分に行き渡るようになってきます。

保湿効果

体内のナトリウム濃度を上げることによって
浸透圧の作用で水やミネラルを体に吸収しやすくします。

塩を使うときの注意点

塩にはこのように殺菌効果や角質を剥離するような
作用がありますかが使うのには注意が必要です。

ニキビの原因菌であるアクネ菌やマラセチア菌は普段から身体にいる常在菌であり、
肌を酸性に保ったり雑菌の侵入を防いだりしてくれている存在です。
ニキビの原因となるのは増えすぎてしまった時だけで普段は
他の常在菌とバランスをとって肌の健康を維持しているのです。
毎日のケアで塩を使うことによってこれらの細菌を殺してしまうと肌の健康が阻害されます。

また、厚くなくてしまった角質は確かに毛穴を防ぎニキビの原因になりますが、
取りすぎてしまうと刺激から肌を守るバリア機能や保湿力まで失われてしまい
ターンオーバーも乱れてくることになります。

このため、塩による肌のケアは多くても週1~2回程度に留めておいた方がいいでしょう。
白ニキビ黒ニキビの改善に使用する時も症状が軽減したら
頻度を下げて様子を見ることをでリスクを避けることができます。
炎症しているニキビには刺激が強く、悪化させることもありますので使用しない方がいいでしょう 。

塩の選び方

塩にも食卓で使うものや天然塩など様々な種類があります。
食卓で使う塩は精製されているものでミネラル分はほとんど入ってません。
できるだけ精製されていない天然の塩を使うことでより肌に良い効果が得られます。
スーパーなどで荒塩・天然塩・天日塩・自然塩などの表記で販売されています 。
また海外の死海の塩なども人気があるようです。

塩の利用方法

塩洗顔

最もよく使われるのが塩洗顔でしょう。
まず石鹸で軽く洗顔した後、塩を肌に乗せていきます。
こすらないように水で溶かして肌にまんべんなく馴染ませたあと
10秒ほど置いて洗い流します。
塩分が毛穴に詰まった汚れや脂を落としてくれます。
化粧をしていてクレンジングを使う時は肌に必要な分の
皮脂まで落としてしまいますのでクレンジングだけにしておきましょう。
敏感肌や乾燥肌の人には刺激があるので向いていません。

塩パック

塩パックも塩洗顔と同じように顔に濡らした塩を乗せてせていきます。
2~3分待った後、水で洗い流します。
タンパク質の変性作用などによってピーリング効果が得られます。
塩パックも気をつけないと必要以上に角質を取りすぎてしまうので頻度には注意しましょう。

塩風呂

塩風呂は体の老廃物を排泄する時などに使われます。
体内の水分濃度より濃い風呂に浸かることによって
体の中の老廃物が汗となって押し出されていくのです。
お風呂に入れる塩はバスソルトや天然塩が使われます。
塩風呂は発汗作用がありますので水分補給をしっかりすることも大切です。
フジテレビでやっていた番組では背中ニキビに効く塩風呂の溶剤として
塩1・クエン酸2・重曹3を合わせてさじ2杯ほど入れるのが効果的だそうです。

塩サウナ

塩サウナは通常のサウナより低温で設定されていることが多く
毛穴に詰まった汚れを落とし美肌への効果の高いと若い女性に人気です。
用意されてる塩をまんべんなく体に乗せたら塩が溶けるまでじっと待ちます。
刺激がありますのでデリケートな部分につかないように気をつけましょう。

まとめ

塩には殺菌効果や角質の溶解作用、
保湿効果などニキビに役立つ効能がたくさんあります。
天然なので安心して使えそうな塩ですが、慎重に扱わないと
ニキビを悪化させ肌にダメージを与えてしまうこともあります。
塩の利用は白ニキビや黒ニキビと言った軽い症状のものには
効果が得られることもありますが炎症を起こしているニキビには
刺激があり向いていません。