【 脂性肌のニキビケア 】 皮脂の分泌を抑えてサラサラ素肌へ!

2016年9月18日

脂性肌といえば、顔がいつもテカテカで1年中汗と皮脂だらけ
そんな脂性肌の人は圧倒的にニキビのできやすい肌質です。

なぜニキビが出来やすい肌質なのかというと皮脂の分泌が過剰だからです。 皮脂が多いと毛穴に酸化した皮脂や汚れが詰まりやすく、ニキビができやすくなるのです。 このように皮脂が多く、また、水分や油分も多いのが脂性肌またはオイリー肌と言われる人の特徴です。

脂性肌は思春期の頃に多いタイプですが、 大人で脂性肌の場合は、

  • 偏った食生活
  • 喫煙
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 不規則な生活
  • 男性ホルモンが多い
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 新陳代謝が悪い
  • 間違ったスキンケア

などの原因で脂性肌になっていることがあります。

脂性肌の直接のニキビの原因は、皮脂が多いため、汚れが出やすく、毛穴が詰まりやすいことです。 毛穴が詰まると皮脂を栄養にするアクネ菌が増殖してニキビになります。

通常、人の身体は皮脂を適切量分泌する機能を持っています。 この機能が前述したさまざまな要因で乱れてくると皮脂の過剰分泌が起こってきます。

脂性肌の人がなりやすい肌の症状

  • 顔がテカテカ
  • 赤ら顔になる
  • 毛穴が詰まりやすい
  • 毛穴が黒ずむ
  • 毛穴の開きが目立つ
  • 肌のキメが洗い
  • 肌がくすんでいる
  • 化粧ののりが悪くなる

脂性肌かと思っていたら実は乾燥肌だった

顔が脂っぽいからと言って脂性肌とは限りません。よくあるのが実は肌の中では乾燥しているケースです。 なぜ乾燥しているのに脂っぽいのかというと、人の身体は皮膚の水分が不足してくるとそれを補おうとして皮脂を分泌する機能があるからです。つまり、乾燥がかえって皮脂の分泌を過剰にしているというわけです。 ここで、乾燥肌の人が脂性肌だと思って、刺激の強いクレンジングやピーリングなどをしてしまうと、さらに肌環境を悪化させます。

脂性肌の人が気をつけるべきポイントは?

脂性肌のスキンケアで特に気をつける点は
  • 洗顔は刺激を与えず
  • 皮脂をとりすぎないこと
  • 保湿をきちんとする
  • 肌に合う化粧品を選ぶ

などです。

クレンジング

メイクの汚れを落とすことは大切ですが、刺激が強すぎると肌トラブルの元になります。 皮脂が多いと汚れも残りやすくなり、雑菌やニキビ菌が増殖しやすくなっていますので、充分に落とすことが必要です。 クレンジング剤は強いオイルタイプのものを選びがちですが、 皮脂や必要な角質まで取り過ぎてしまうと肌の機能が低下してしまいます。 クレンジングが原因で敏感肌になってしまったりと、さまざまな肌トラブルも考えられますので、肌の状態に合うものを選ぶことが大切です。 脂性肌の人にはさらっとしたオイルフリーなどのクレンジングがおすすめです。

肌質にあった化粧品を選ぶ

脂性肌の人は、化粧水や美容液は、細胞間脂質のセラミド、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など、脂性肌を改善するのに有効な成分の含まれているものを使いましょう。

食生活の改善

脂っぽいもの、甘いもの、刺激のあるものは控えて食物繊維を増やしましょう。 肌にいいビタミン類を含む食品をなるべく摂るようにして、食生活を変えるだけでも肌質の改善が期待できます。

飲酒の量を控える

お酒や香辛料などの刺激物は、脂性肌の原因になる皮脂分泌を過剰にします。 お酒をたしなむ人は、飲みすぎや睡眠不足にならないよう注意しましょう。

ピーリング

ピーリングで古い角質を除去することも効果的です。 脂性肌の人に多い毛穴の開きケアにもなります。 ピーリングを定期的にすることで、肌のターンオーバーが回復してきます。 角質の取りすぎは肌トラブルの元になりますので慣れたプロにやってもらいましょう。

まとめ

脂性肌の人は圧倒的にニキビのできやすい肌質です。 脂性肌は思春期の頃に多いタイプですが、大人で脂性肌の場合は生活習慣の問題や男性ホルモンの影響などが考えられます。 脂性肌の直接のニキビの原因は、皮脂が多いため、汚れが出やすく、毛穴が詰まりやすいことです。 まずは汚れを落とすこと、できれば定期的に皮脂や古い角質を取り除くことです。 後は生活習慣の改善でターンオーバーを正常に戻すことができればホルモンバランスも整ってきます。