免疫力アップがニキビ改善のカギ!免疫機能を回復する方法

2016年11月11日

免疫力とは?

免疫力とは病気や風邪などのウイルスに対する
体の防衛能力のことを言います。
この免疫力が低下すると病気になりやすくなるのと同じように
肌荒れやニキビを引き起こしやすくなってきます。
ニキビはアクネ菌などの増殖により発症しますが
免疫力が高ければアクネ菌が引き起こす炎症などにも対抗でき
ニキビが悪化することもなく自然治癒できる可能性も出てきます。
ニキビや肌のトラブルが発生したり治りにくくなっている場合は
これらの免疫力が低下していることも考えられます。

肌の免疫力

体の病気に対する免疫力とは別に肌にも免疫機能が備わっています。
肌表面にいる常在菌や角質のバリア機能もそうですし
ランゲルハンス細胞も肌内部の免疫細胞として重要な役割を果たしています。
ランゲルハンス細胞は外部から侵入しようとする
細菌やカビ、紫外線、放射線などの刺激を察知して
脳に伝えるセンサーのような作用を持っています。
ランゲルハンス細胞を弱らせる原因には
加齢やストレス、活性酸素、化粧品などに含まれる合成界面活性剤、
化学合成された食品などがあります。

免疫力低下の原因

免疫力が低下することには
生活習慣の乱れをはじめ様々な原因があります。

ストレス

免疫システムが機能するのには自律神経が大きく関わっています。
自律神経は交感神経と副交感神経の2つで成り立っていて
バランスが取れていれば免疫システムは正常に機能します。
ストレスがかかると自律神経のバランスが崩れ免疫力が低下してしまうのです。

体温の低下

免疫細胞は体温が下がることで活動が停滞してきます。
体温の低下は加齢によるものや血行不良なども原因の一つです。
冷え性の人は免疫力が低下しやすいということになります。

病気によるもの

ウイルス感染などによっても免疫力が低下することがあります。
中には感染してもなかなか気がつかないものもありますので
知らないうちに免疫力が低下しているということもあるのです。

免疫抑制剤

病気の中には免疫機構の一部が過剰に反応することによって
病気を悪化させていることがあり、症状を抑えるために
免疫力を低下させるための薬があります。
ステロイドも免疫力を下げてしまう働きを持っている薬です。
何らかの病気の治療でこれらの薬を使用していることによって
免疫力を下げる原因になってしまうことがあります。

免疫力を回復するには

生活習慣の見直し

免疫力を上げるためには様々な方法がありますが、
まずは生活出荷生活習慣を見直すことがポイントです。
栄養のバランスのとれた食事を心がけたり
運動不足や睡眠不足の改善、喫煙や飲酒を控える、
ストレスをためないといったことでも免疫力は回復してきます。

ランゲルハンス細胞を弱らせない

肌の免疫細胞であるランゲルハンス細胞を弱らせる原因の
ストレス、活性酸素、化粧品に含まれる合成界面活性剤、
化学合成された食品
などをできるだけ排除する必要があります。

免疫力を上げる食事

免疫力を上げる食事としては
ヨーグルト、味噌、納豆などの発酵食品や
海藻、さつまいも、こんにゃくなど食物繊維を多く含んだ食品
がいいとされています。
またスルメのようにたくさん噛まなければならない食事をとることで
唾液の分泌が進み免疫力がアップすると言います。

腸内環境の改善

体の免疫力を機能させるには
免疫細胞がきちんと働けることが大切です。
身体の中に複数いる免疫細胞の中でも特に重要なのがNK細胞です。
これらNK細胞はじめとする免疫細胞の多くが腸の中に存在します。
そのため腸内環境を整えることが体の免疫力を
正常に機能させることになるのです。
日頃から善玉菌を増やす乳酸菌を多く含む
食品やヨーグルトなどを摂取することで腸内環境下が整ってきます。

免疫力を上げるサプリメント

免疫力をアップする効果のあるサプリメントには乳酸菌を始めとして
プロポリス、ラクトフェリン、βグルカン、フコダインなどがあります。
またアミノ酸の一種であるタウリンにも免疫力を上げる作用がありますので
貝やイカなどの食事で摂ったりサプリメントで摂取することも効果的です。

ポリアミンを増やす

ポリアミンには腸内環境を改善する作用や血行を改善して体の冷えを防いだり、
免疫力に重要な作用を持つNK細胞の活性低下を防ぐ作用があります。
ポリアミンは食事でもとりやすく、納豆や大豆、チーズなど
身体に良いと言われる食品に多く含まれています。
またナットウキナーゼを含むサプリメントで間接的に摂取することも可能です。

HPSを増やす

サウナや岩盤浴で細胞に熱を加えることで
HPSというタンパク質が生産されます。
このHPSには傷ついた細胞の修復をする働きや、
身体の免疫システムに大きな影響を持つNK細胞の
活性を高める作用があるとされています。

まとめ

ニキビや肌のトラブルが発生したり治りにくくなっている場合は
免疫力の低下も疑われます。
体にはNK細胞をはじめとする複数の免疫細胞がいます。
肌にもランゲルハンス細胞という免疫細胞がいて
体の免疫システムを機能させています。
免疫力が低下するのには生活習慣の乱れやストレスなど様々な原因があります。
また免疫力を上げるのにも色々と方法があります。
中でも免疫細胞が多く存在する腸内環境整えることは大切で
乳酸菌などを含む食品などをとって善玉菌を増やすことで
免疫力アップが期待できます。