ニキビに効果的なハトムギ化粧水の選び方

2016年11月28日

ハトムギ化粧水とは?

ハトムギ化粧水は天然の植物成分である
ハトムギエキスを添加した化粧水です。
ハトムギには肌に対するさまざまな効果があり、
ニキビや肌荒れに効果があることでも知られています。

ハトムギの効能

ハトムギ化粧水の有効成分ハトムギはイネ科の植物の種子で、
ハトムギの外皮を取ったものが漢方薬などでも使われるヨクイニンです。
ハトムギとヨクイニンどちらでも同じような効果が得られるとされています。

ハトムギと言えば有名なのはイボ治療に
効果があることで現在でもよく使われています。
ハトムギにはこの他にも様々な効果があります。
内服することで体内の毒素や老廃物を
排出するデトックス作用が得られます。

ハトムギのニキビへの効果

ハトムギにはイボに効果があるように
肌荒れやニキビの改善にもいい影響を与えます。
ハトムギにはアミノ酸やゲルマニウムが含まれているので
肌の代謝を高めて皮膚細胞の増殖を促したり
血流の改善も良くする効果、
免疫力を高める効果などがあるとされています。

グリチルリチン酸

ここまではハトムギによる効果ですが、
市販されているナチュリエやアルビオンといった
ハトムギ化粧水で有名な多くの製品には
グリチルリチン酸と言う皮膚炎などに
よく使われる成分が含まれているため
ニキビの改善にさらに効果を発揮します。

ハトムギ化粧水の種類

ハトムギ化粧水と言っても
たくさんのメーカーから様々な種類が販売されていて
それぞれ含まれている成分が違うため
ニキビに対する影響も変わってきます。

前述したように有名なものでは
ナチュリエのスキンコンディショナー、
アルビオンのスキンコンディショナーなどがあり、
他のメーカーからもハトムギ化粧水は販売されています。

最初は迷ったらアルビオンは高価なので
ナチュリエから使うのが無難でしょう。
ただナチュリエのハトムギ化粧水には
エタノールというアルコールが含まれていますので
人によっては刺激になるかもしれません。
また合成ポリマーや防腐剤として
パラペンなども使われていますので
合わない人はハトムギ化粧水を
手作りしてしまうのもオススメです。

ナチュリエ スキンコンデショナー

ナチュリエ スキンコンデショナー
ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

コスパに優れたロングセラーのハトムギ化粧水です。
天然植物由来の保湿成分ハトムギエキス配合でなめらかな肌を保ちます。
しっとりしているのにベタつかない感触です。

  • 価格 <500mL> 650円
ローションパックの動画を見る ▼

配合成分

水、DPG、BG、グリセリン、グリチルリチン酸2K、ハトムギエキス、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

※ナチュリエスキンコンディショナーの一部ロットに不具合があり回収、交換対象になっています。
対象ロット
M15S、M16S、M17S、M18S、M19S、M21S、M22S
対象ロットの製品は配合すべき成分(グリセリン)と異なる成分(ラウレス硫酸Na)が誤って配合されています。ラウレス硫酸Naは界面活性剤の一種で、稀に赤みやかさつきなど軽微な肌荒れ症状が発生することがあるとのこと。重篤な健康被害が発生することはないようです。
詳しくはこちら ⇒ http://www.imju.jp/shop/t/t1027/ 2016年1月19日

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル (化粧水)

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル
アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル (化粧水) 110ml

スキコンの名で愛される薬用化粧水。
季節や環境の変化でコンディションが乱れがちな肌を
みずみずしくすこやかに整え、
肌あれ、乾燥を防ぎ心地よくひきしめます。

  • 価格 <110ml> ¥3,500(税抜)
  • 価格 <165ml> ¥5,000(税抜)
  • 価格 <330ml> ¥8,500(税抜)

配合成分

グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、エタノール、1,3ブチレングリコール、 グルタチオン、ハマメリエキス、マロニエエキス、ヨクイニンエキス、l-メントール、カラギーナン、 セスキオレイン酸ソルピタン、ポリオキシエフレン硬化ヒマシ油、無水エタノール、エチルパラベン、 ブロビルバラペン、メチルバラベン、香料

ハトムギ化粧水の手作り

ハトムギ化粧水は安く簡単に作れます。

用意するのは

  • 精製水(水道水でもOK)
  • ハトムギエキス
  • グリセリンやアロマオイル
  • 保存用の瓶
  • 透明のスプレーボトル

などです。

精製水100ccくらいにハトムギエキスを10cc(10%)、
グリセリンなら小さじ一杯程度、
アロマオイルなら数滴垂らしてかき混ぜるだけです。

グリセリンはアルコールの一種であることや、
ニキビの原因菌であるアクネ菌の栄養分になるという説もありますので
グリセリンの代わりにアロマオイルを使うこともできます。
アロマオイルは酸化に強いホホバオイルや
マカダミアナッツオイルなどがよく使われます。
ホホバオイルは皮脂膜に近い成分で構成されているので
肌に馴染みやすく保湿剤として優れています。
ただし肌質に合わせて量を調節しないと
皮脂が多すぎてもニキビの原因となることが
ありますので気をつける必要もあります。

市販のもののようにグリチルリチン酸は含まれていませんが、
ハトムギの効果だけでも十分ニキビ肌に優しく
効果的な化粧水が手軽に作れてしまいます。
酸化に強いオイルを混ぜることである程度の期間は持ちますが
保存料や防腐剤を含んでいないため
冷蔵保存してなるべく早く使い切るようにしましょう。

ニベアクリームとの併用

ハトムギ化粧水とニベアクリームを
一緒に使うのがおすすめとされていますが、
ニキビがある時には悪化させてしまうこともあります。
ただし人によってはニキビが治ったと言う口コミなどもあるようなので、
試してみるのもいいかもしれません。

まとめ

ハトムギ化粧水とはハトムギエキスを含んだ化粧水で、
ハトムギによる肌への効果でニキビの改善や予防に
いい影響を与えるとされています。
ニキビへの主な効果としては肌の代謝を高め再生を促す効果や
免疫力を高める効果がなどあります。
また市販のハトムギ化粧水の中に含まれるグリチルリチン酸には
炎症を抑える作用があるのでニキビにも効くことがあります。
ハトムギ化粧水はメーカーによって含まれている成分が違いますので、
自分に合っているものを探すか手作りしてしまうこともオススメです。