コスパ最強!青缶ニベアによるニキビケア

2016年12月6日

ニベアは花王が販売している定番のスキンケアクリームです。
手や顔をはじめ体中皮膚ならどこでも使えて
保湿効果が高くどこの家庭でもあるといった印象です。
日本では花王が製造販売していますが、
もともとはドイツのバイアスドルフ社の製品で世界187カ国で展開しています。

ニベアが注目されるワケ

ニベアが注目されるようになったのはいくつかの理由があります。
一つはNHKの「ためしてガッテン」で取り上げられ
番組中の実験で保水機能やバリア機能の優れた効果が実証されたこと。

また世界的に有名な超高級保湿クリーム
「 クレーム ドゥ・ラ・メール」と成分が似ているためです。
実際日本だけでなく海外でもニベアとクレームドゥ・ラ・メールの違いは
よく比較されていて、個人サイトなどでも様々な実験が行われています。
そこでもニベアの実力は超高級クリームに引けを取らず、
部分的に見るとニベアのほうが優秀なこともあるほどです。

ニベアは製造してる国によって微妙に成分が違うので
日本のはそこまですごいかはわかりませんが、
それにしてもコスパを考えれば使いたくもなるというのが人情というものです。

ニベアにはいくつもの種類が販売されていますが、
スキンケアのニベアクリームは 青缶と呼ばれるものです。
チューブタイプもあり成分は全く同じです。

ニベアのニキビへの効果

優れた成分構成で高い保湿効果のあるニベアですので
ニキビへも効果が得られることがあります。
スクワランやホホバといったニキビに効果的な成分も含まれています。
スクワランやホホバのワックスエステルは
もともと人の皮脂膜に含まれる成分なので肌に馴染みやすく
保湿や保護には最適な成分です。
スクワランには抗菌作用や抗酸化作用があるとされています。

ニベアが向いているニキビのタイプ

ただニベアには油分も多いので肌質によっては
ニキビに良くないこともあります。
乾燥による大人ニキビなどに適していて
思春期ニキビのような油分の多い肌質には向きません。
乾燥ニキビの場合でもできるだけ薄く伸ばして使わないと
毛穴を塞いでしまったり落とすのに肌に負担をかけてしまう
といった悪い影響もあるので注意が必要です。

ハトムギ化粧水と相性がいい

化粧水もニベアと相性のいいものが多く、
良くセットで使われるのがハトムギ化粧水です。
ハトムギにはアミノ酸やゲルマニウムが豊富に含まれていて
肌の代謝を高めて皮膚細胞の増殖を促したりします。
またハトムギ化粧水には皮膚の炎症を抑える
グリチルリチン酸を含んでいるものが多いことも
ニキビに効果が得られる理由の一つです。

ニベアクリームの成分

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

まとめ

ニベアはドイツ発祥のスキンケアクリームです。
世界187カ国で展開されていて日本では花王が製造販売しています。
ニベアはその優れた成分構成により保湿効果や肌のガード機能が高いこと、
コスパが良くニキビケアとしても効果があり注目を集めています。
油分が多いため乾燥が原因の大人ニキビのケアに適しています。