美肌成分豊富なグレープフルーツのニキビへの効果

2016年12月12日

ダイエットや美肌作用もあると注目を集めているグレープフルーツ。
グレープフルーツはブンタン(ザボン)と
オレンジが自然交配したミカン科の柑橘類です。
原産は亜熱帯で現在はアジアやアメリカなどで広く栽培されています。
グレープフルーツは健康的な効果のある成分が豊富に含まれ
食べる以外にも様々な用途で使われています。

グレープフルーツの効果と特徴

グレープフルーツの健康的な効能としては
生活習慣病の予防などがあります。
動脈硬化の原因となる中性脂肪やコレステロールを減らしたり
肥満を防ぐ効果があるとされています。
また美容的な効果としても肌荒れやニキビの予防、
シミそばかすの抑制、肌の老化を防ぐ成分を豊富に含んでいます。

グレープフルーツに含まれる成分は、
タンパク質、ビタミン、食物繊維、ミネラル、カリウム、
ポリフェノール、リコピン、クエン酸、リモネンなどがあります。

グレープフルーツのニキビへの効果

ビタミンC

グレープフルーツはビタミンCを豊富に含むとともに
ビタミンCの吸収を助けるビタミンPも含まれています。
ビタミンCには肌を酸化させニキビを悪化させる
活性酸素を無害にする抗酸化作用や、
ニキビ跡の色素沈着を防ぐメラニン抑制作用、
肌の再生に大きく関わるコラーゲンの生成を助ける作用などかあります。

食物繊維

グレープフルーツには水溶性食物繊維の
ペクチンという成分が含まれています。
食物繊維は糖質やコレステロールの吸収を抑制し
血行を良くする作用があります。
血行が良くなることで体温が上がると代謝が良くなり
肌の再生がうまくいくようになります。
食物繊維は腸内環境を整える働きもあり
便秘の解消などにも役立ちます。
便秘により老廃物が溜め込まれると
肌環境が悪化しニキビの原因になることもあります。

イノシトール

イノシトールはビタミンの一種で
肝機能向上に効果が期待されている成分です。
肝臓の機能が正常になると糖質や脂質、
タンパク質の代謝が良くなり皮脂の過剰分泌が抑制されます。

クエン酸

クエン酸も糖質や脂質の代謝を高める作用や
血行促進する作用があります。

リコピン

グレープフルーツのルビーという種には
トマトなどに豊富なリコピンが含まれています。
リコピンはカロチンの一種で抗酸化作用やメラニンの抑制作用、
コラーゲンの生成を促進する働きがあるとされています。

グレープフルーツの食事以外での用途

グレープフルーツには様々な効果があることから食品以外にも
グレープフルーツエキスとして化粧品に含まれたり、
グレープフルーツから抽出される精油はアロマや
美容オイルに使われたりしています。
グレープフルーツは光毒性が高く紫外線の影響で
シミができやすくなることもありますので
日中の使用には原液に近いほど注意が必要です。

グレープフルーツの薬剤との飲み合わせの注意点

グレープフルーツに含まれるフラノクマリン類が
様々な医薬品と干渉しあって意図しない効果を
生み出すことがあるという報告報告がされています。
特にカルシウム拮抗剤、シクロスポリン、ベンゾジアゼピン系、
風邪薬などを服用している場合は飲み合わせに気をつける必要があります。
参考: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84

また次のような記事もあります。

グレープフルーツを特定の薬剤と組み合わせた際に
危険性があるのは、グレープフルーツが薬剤を代謝する酵素を阻害することで、
薬剤の血中濃度が上がり、過量摂取状態になるため。
グレープフルーツと相互作用することが知られているものには、
抗がん剤や心臓疾患の薬剤、鎮痛剤、統合失調症の薬剤などがある。
出典:http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2913502/9910188

まとめ

グレープフルーツは亜熱帯原産の柑橘類です。
生活習慣病の予防効果や美肌効果、肌の老化防止などに
優れた作用を持つ成分が豊富に含まれています。
ビタミンCや食物繊維といった成分がニキビの改善や予防にも効果的です。
グレープフルーツは様々な効果があることから
食べる以外にも化粧品や精油などでも使われています。